Still Surviving Somehow...

a0096546_1302719.jpg
先週と今週で2つの病院で3度診察。

懸念だった胆嚢の特大ポリープは、1年半前(12ミリ)よりも小型化していて(9ミリ)
特に悪性にもなっていない模様で、胆道から流れ落ちるのを待ってみましょうとのことで、一安心。

とはいえ、2週間ほど前からの咳の方が未だ治まらず、
ヤブ医者の疑念を消せなかった医院から総合病院に。

念のためにレントゲンで胸を撮ってもらったが、特段異常はなく、夏風邪とのこと。

だが、まるで海老のように体を反らざるを得ないほど激しい咳が依然として止まらないので
本当は仕事を休んで静養したいところだが、こういう時に限って仕事も私用もびっしり詰まっている。
そして、こういう時に限って、過去の悪行を悔いて今後は聖人たらんと神に誓う自分がいる。

人生とはよくできているな、と実感しながら、咳が収まるのを待つ、残暑の夜長。
[PR]
by worthy42 | 2010-08-19 01:30 | 情熱と怠惰の断片(日記的)
<< 久方ぶりの読了帳(07・27~... 1992 U.S. Olymp... >>