久方ぶりの読了帳(11・21~12・11)

今年もはや残り3週間。

年の瀬が近付くと色々と思いを馳せることが多いのだが、
読書に限れば、今年はあまり良作を読んでないかなという気がする。

昨年のこの時期は、良書ばかり読んだせいで、
ベスト10を決めるのに四苦八苦していた感があるが、
今年はこれだという作品が思い浮かばない。

ということで、年末くらいはしっかり腰を落ち着けて本と向かい合わねば。

とりあえずの年末年始に読破する予定はこちら。

・『フランキー・マシーンの冬(上・下)』(ドン・ウィンズロウ)
・『陸軍士官学校の死(上・下)』(ルイス・ベイヤード)
・『エコー・パーク(上・下)』(マイケル・コナリー)
・『地球の長い午後』(ブライアン・オールティーズ)
・『インパラの朝』(中村安希)
・『帝都物語』(荒俣宏)
・『塗仏の宴 宴の支度』(京極夏彦)
・『塗仏の宴 宴の始末』(京極夏彦)

これにずっと前に勝ったまま未読の2冊を加える。

・『ユダヤ警官同盟(上・下)』(マイケル・シェイボン)
・『ジェイクをさがして』(チャイナ・ミエヴィル)

ま、どうせ、この中の数冊しか読めないのであろうが、それでも、
こうして、「読むぞ」と心に決めておかないとなかなか読む気にならない。


<最近の読了帳>
・『反撃のレスキューミッション』(クリス・ライアン)
評価:☆☆☆

17年前にレバノンでのミッションに失敗して以来、
酒浸りになりホームレスへと身を窶した元SAS隊員の復活劇。
この分野での大御所的存在の著者なので、それなりに読ませる。


・『アフガン、死の特殊部隊』(マット・リン)
評価:☆☆☆☆

上のクリス・ライアンに影響を受けたという著者による、
海外現代版、七人の侍のような気がしないでもないミリタリーアクション。

元SAS隊員が世界各国の凄腕の特殊部隊員9人を集めて、
秘密裏にアフガニスタンのタリバンの根城を壊滅し、数千万ドルを奪うというもの。

設定はともかく、展開そのものは、上の作品よりはリアリティがあった。
それにしても、「元」凄腕特殊隊員の「現在」は、仕事の割には冴えない。

<ただいま読書中>
・『フランキー・マシーンの冬(下)』(ドン・ウィンズロウ)
・『When The Game Was Ours』(Larry Bird,Earvin Magic Johnson et.al)
[PR]
by worthy42 | 2010-12-11 12:17 | 一冊入魂(読書記録)
<< 謹賀新年2010 ファストヒーローの誕生 >>