3月の読了帳

「よい英文を書くための6カ条」とは以下のことを言うらしい。

1.必要以上の強調や陳腐な言い回しを避ける。
2.あいまいな言葉は書き換えるか、削除する。
3.似ている語を正確に区別する。
4.ムダな繰り返しを避ける。
5.意味のない言葉を削除する。
6.文法、語法、意味上の誤りをなくす。

<3月の購入本>
・『英語正誤用例辞典』(ジェームズ・T・キーティング)


<3月の読了帳>
・『女子大生マイの特許ファイル』(稲森謙太郎)
評価:☆☆☆☆

特許が分からない人でも容易に読める入門書。
入門書の部類でもこれは最適な一冊の一つ。


・『戦国鬼譚 惨』(伊東潤)
評価:☆☆☆☆

武田信玄没後、追い込まれていく甲信の武将たちの
決死の騙しあいを描く戦国小説集。

瀬戸際に追い込まれた武将のそれぞれの思惑は
現代人とも通じるものがあることを知るにつけ、どことなく落ち着いた気持ちになった。

人の本質は今も昔も変わらない、ということなのだろうか。


・『エウスカディ(上・下)』(馳星周)
評価:☆☆☆☆☆

a0096546_23525778.jpg

スペインのバスク地方に一人でやってきた日本赤軍の吉岡は
過激派組織ETA<バスク祖国と自由>の切り札として暗躍するが、
やがて、組織内の裏切り者を炙り出す役割を与えられて・・・。


馳星周の最高傑作と言っても差し支えないのではないか。
オウム真理教をモチーフにしたと思われる『煉獄の使徒』といい、
ノワール作家ながら社会派ミステリ作家としても一流であることを証明している。

バスク料理を作ってみたくなったし、なによりバスクに行ってみたくなった。

<ただいま読書中>
・『WHEN THE GAME WAS OURS』(Larry Bird, Earvin Magic Johnson etc)
・『反撃』(リー・チャイルド)
[PR]
by worthy42 | 2011-04-09 23:54 | 一冊入魂(読書記録)
<< Win or Go Home 自粛 >>