「ほっ」と。キャンペーン

Book of The Year 2011 フィクション

年末年始にかけてPCが二度ダウンして二度初期化し、つい一昨日復元したばかり。
実家のPCはやたらめったら遅くて、新年一発目の投稿は早くも月半ば。

ということで、とにもかくにも、明けましておめでとうございます。
今年も皆様にとって素敵な一年にならんことを。

前置きはそれくらいにして、
今更だが昨年のBook of The Year 2011 フィクションを発表。

a0096546_061680.jpg


①『ジェノサイド』(高野和明)
②『エウスカディ(上・下)』(馳星周)
③『湖は飢えて煙る』(ブライアン・グルーリー)
④『悪の教典』(貴志祐介)
⑤『エージェント6(上・下)』(トム・ロブ・スミス)
⑥『特捜部Q 檻の中の女』(ユッシ・エーズラ・オールスン)
⑦『卵をめぐる祖父の戦争』(デイヴィッド・ベニオフ)
⑧『獣の奏者(3、4)』(上橋菜穂子)
⑨『異星人の郷(上・下)』(マイクル・フリン)
⑩『反撃(上・下)』(リー・チャイルド)

昨年読んだ本は傑作・良作が多かったが、その中でも①はダントツだった。
「このミステリーがすごい 1位」「週刊文春1位」などと謳われているが、
斜に構えずとりあえず読んでみることをおススメする。

馳星周の最高傑作ではと読了後に興奮しきりだったのが②。
スペイン・バスク地方といったら一度は訪れたみたい土地だが、
当時を忍ばせる現地の濃密な雰囲気が字面からたっぷりと醸し出されている。

2011年は早川ポケットミステリの当たり年だと業界では言われているらしいが、
私もそれに同感で、このベスト10にも③、⑥、⑦と3冊も入っている。
好みではなかったのでベスト10からは外したが、同じハヤカワポケットミステリの
『二流小説家』は、識者が選ぶ各賞で1位に輝くなど絶賛されている。

個人的には③がベスト。著者が新聞記者という経歴の持ち主のせいか、
文章が理路整然として隙がないため、さらさらの血液の流れよろしく脳に入ってくる。
訳も秀逸。見習いたい。

④は2010年の「このミステリーがすごい 1位」の作品。
後半の怒涛の展開はパンチが効いていてすごい。
『DINER』と『バトルロイヤル』を足して2で割ったような衝撃が味わえる。

レオの三部作の完結編が⑤。上巻すべてが壮大な序章のよう。
レオには幸せになってほしいという一読者の望みが・・・。あとは読んでからのお楽しみ。

⑧は相変わらずの安定感とロマンに満ちている。
とても子供向けとは思えないのだが、やはり自分の子供にもいつか読んでほしいと思う。

なんとなく尾を引くのが⑨。取り立てて劇的な展開があるわけではないのだが、
設定の妙が最後まで興味を駆り立てて、読後の今でさえ不思議な余韻を残している。

⑩はリー・チャイルドの<ジャック・リーチャー>シリーズ第2弾。
現代版のハードボイルドの趣で外れなしの面白さ。
これで『キリング・フロアー』、『前夜』に続きシリーズ3冊目。
残る邦訳書は第3弾の『警鐘』のみなので今年中に読んで、未邦訳分の刊行を待とう。
[PR]
by Worthy42 | 2012-01-14 00:42 | 一冊入魂(読書記録)
Book of the Yea... >>