逆境のときにこそ


苦しいこともあるだろう。言い度い(いいたい)こともあるだろう。
不満なこともあるだろう。腹の立つこともあるだろう。
泣き度いこともあるだろう。
これらをじつとこらえてゆくのが男の修行である。

―山本五十六

ちなみに、元関脇寺尾の錣山親方は、
「男」の部分を「人」に置き換えている。
[PR]
by Worthy42 | 2007-07-24 21:55 | 美句妙文礼賛(魅惑の文言集)
<< 人の上に立つということ 言葉と大地の誘い >>