静謐な激情


私は変化がほしかったのであり、平穏無事な生活など望んでいない。
刺激と危険と、それに愛するもののために身を捨てる機会を求めていたのだ。
自分の内部には、エネルギーがありあまっていて、我々の静かな生活には、
そのはけ口がなかった。

レフ・トルストイ『家庭の幸福』より
[PR]
by Worthy42 | 2007-07-24 22:04 | 美句妙文礼賛(魅惑の文言集)
<< 偶像 人の上に立つということ >>