死中の意、意中の死

「死はそんなに誘惑的なのか?」

「僕はもうずいぶん長いこと死とともに暮らしてきた。いま僕に残っているのはそれだけだ」

―『鍵のかかった部屋』(ポール・オースター)
[PR]
by Worthy42 | 2007-09-16 15:59 | 美句妙文礼賛(魅惑の文言集)
<< 自民党立会演説会 書くということ、その孤独 >>