なんとかならんのか

「文化の成熟度は都市の人口に比例する」

昔の上司が映画の試写会を開催したあとに吐き捨てた言葉。

邦画の名作「たそがれ清兵衛」(だったかな?)にはまったく人が集まらず、
洋画だったら何でも試写会希望の葉書が席数の数倍も送ってくるという、
福岡県(九州)の現状を嘆いて。

たまたま今この言葉を思い出しただけで
これを100%スポーツにも応用しようという気はないし、
純粋に数字(視聴率・販売数)の問題だとはよくよく分かってはいるけど、
もう少し何とかならないものか。

ラグビーW杯も女子サッカーW杯も日本が負ければ
メディアはまったく歯牙にもかけない徹底した無視っぷり。

テレビを見たくても民放でもNHKでも深夜ですらやってないし、
新聞を開いても片隅にちょこっと申し訳程度に載っているだけ。

W杯という名から明らかな通り、
弱小国のオリンピック予選なんかより遥かにレベルが高くて面白いのに。

女子サッカーに至ってはもうすでに準決勝。
ドイツにいた4年前は前回大会を民放で普通に放送していて
それを見てレベルの高さに驚いたことを覚えてる。

まあ、露出の少ないスポーツの宿命と言ってしまえば
その一言で片付けられるんだろうけど、
どうせくだらないバラエティやドラマの再放送を流すんなら
大会の放送権(準々決勝以降でもいいので)を買って
そのスポーツのメジャー化に努めるくらいの気概が
この国の放送局にはないもんかな(まあ、ないだろうけど)。

個人的にはどのスポーツであれ日本代表なんかの試合より
レベルの高い、一流の試合を観たいと思う性質だけれど、
日本でも人気のあるスポーツの世界最高峰レベルの戦いを目撃することで
ファンの日本代表への愛着や期待もきっと大きくなると思うんだけどなあ。
[PR]
by Worthy42 | 2007-09-26 21:36 | 情熱と怠惰の断片(日記的)
<< アベする、アサヒする 雨の掟 >>