興味帳

『ユリイカ』

いつも映画を見る際の参考にする日経夕刊の「シネマ万華鏡」で
映画評論家が青山真治監督の『ユリイカ』を
「ここ十年ほどの世界映画の最高の一本」と絶賛していた。
と同時に、それ以降の作品が「試行錯誤の連続」とも。
新作『サッド ヴァケイション』も「凄い才能」と評価していたのだが、
それよりも明らかに上位に格付けされている『ユリイカ』。楽しみです。

河合隼雄元文化庁長官

今夏亡くなられた、日本におけるユング研究の第一人者。
学生時代に心理学を専攻した身としては、
この人の著作は避けて通れないので結構な数の本を読んだし、
着眼点や発想がさすがに第一人者らしく新鮮で引き込まれた。
せっかくなので追悼の意を込めてもう一度目を通してみようと思う。

村山 槐多

夭折の画家兼詩人。何篇かの詩を読んだのだけれど、
若々しい(というか荒々しい)情熱と素直な感情が吐露されていて
好みだったなあ。クドイくらいに真っ直ぐな感じで尻を焚きつけるかのよう。
画集もチェックしてみようと思う。

フリーダ・カーロ

もっとも好きな女流画家の一人。
以前、彼女のメキシコの生家を訪れた人と話した際には
思わず興奮してしまい、不審がられた(笑)。今もっとも行ってみたい場所のひとつ。
最近、新しく彼女に関する本も出版されて
先日立ち読みしたらますます行きたくなった。
メキシコシティって世界で最も頻繁に誘拐が発生する都市だって聞いたんだけど(苦笑)。

a0096546_001039.jpg

[PR]
by Worthy42 | 2007-10-04 00:08 | 情熱と怠惰の断片(日記的)
<< 11 Years 救いの手を >>