今週の読了帳(09・30~10・06)

学生時代は熱心に読み耽っていたものの、
次第に食傷気味になってしまって少し時間を置くつもりが早云年。
久しぶりにカルト的人気を誇る森博嗣の理系ミステリを無性に読み漁りたくなったので
今週と来週は「Vシリーズ」を中心に読んでみることに。

今回読むのは、
泥棒も厭わない胡散臭い便利屋兼探偵と、
自称科学者のバツイチ美女がミステリを説き解くシリーズ。

国立大学の助教授と彼に恋心を抱く教え子の富豪女子学生が
探偵役をこなす「S&Mシリーズ」に続く作品群。
(著者も実際に某国立大学工学部の助教授だった)

解決不可能に思える本格ミステリの要素が
そこかしこに「これでもか」と言わんばかりに散りばめられていることに加え、
登場人物(特に女性陣)の現実離れした魅力は特筆すべきほどで、
それぞれのコンビ(といっていいのかは躊躇するが)の軽妙な会話も秀逸。
メモを取りたくなる哲学的名言をさらっと書き流す洒脱さも心憎い。

ちなみに『捩れ屋敷の利鈍』には
両シリーズの主人公(探偵と女子学生)が一人ずつ出るので、
事前に双方のシリーズを最低一冊は読んでおきたい。

いろんな意味で登場人物(の設定)を理解していないと
許容できない人が絶対にいるはず。
(これは作品すべてにいえることだけれど、笑)

好き嫌いがはっきりと分かれる作家(作品)かな。

『シャトゥーン』(増田俊成)
評価:A+
『サウダージ』(垣根良介)
評価:A
『捩れ屋敷の利鈍』(森博嗣)
評価:A+
『名探偵も楽じゃない』(西村京太郎)
評価:AA-
『名探偵に乾杯』(西村京太郎)
評価:AA

<New Waiting List>

『朽ちる散る落ちる』(森博嗣)
『赤緑黒白』(森博嗣)
[PR]
by Worthy42 | 2007-10-07 01:19 | 一冊入魂(読書記録)
<< Brand New Celtics 11 Years >>