天動地、青天の霹靂、そんなところか。

奇しくも昨日、元職の同僚(ラジオニュース編集者)と電話で
党首会談(と、鳩山がいかに馬鹿か、笑)について少し話をしていたのだが、
さすがに突然の辞意表明までは予測していなかった。

民主党・小沢代表が辞意表明 「連立政権」の混乱で引責

「小沢らしい」、そう言ってしまえば、それだけのことだが、
安倍の去り際を前代未聞と批判した当の本人が
このタイミング(本人にとっては絶好機だったのか)で辞任とは恐れ入った。

選挙に強い小沢がこのままでは衆議院選挙に負けると断言し、
たとえ連立政権であっても政権運営の実績を上げることが重要と考え至った背景には、
小沢なりに実感した相当の危機感があったことが窺える。

会見を見ていても正論も確かにあるが、
それでも、3ヶ月ほど前に国民の大きな支持を得た
野党第一党の党首の座はそんなに軽いものなのか。
どれだけ功績を評価して贔屓目に見ても、無責任の謗りを免れるわけにはいかないだろう。

思想(も)はともかく、この政治家の取る行動と世論との乖離はいかんともしがたい。
本人にとってはクラッシャーの面目躍如なのだろうが(笑)、
個人的には総理大臣ではなく、一クラッシャーで終わる器なのかなとも思えてきた。

離党とは言ってない?
一歩兵に終わるタマじゃあるまいし、
この期に及んでそんな白々しいセリフを信じる者はいない。

ガラガラポン、の公算が大きいかな。

それに引き換え、「まだ若く、政権担当の力がない」と
烙印を押された形の民主党は瓦解寸前。

グループごと引き連れて離党されたら参議院での優位は吹き飛び、
解散総選挙に打って出られたら大敗は避けられず、
確固とした二大政党制は当分、蕾のまま尻すぼみ。

与党が静観を決め込んだとしても、民主党は所詮、烏合の衆。
後継者は誰も彼もどんぐりの背比べだし、誰が出ても不満は燻るだろう。
いずれにせよ、今後どの目が出ても、(解党も含めて)ダメージは計り知れない。

正直、与党にとっては出来すぎの感があまりに強く、
結局、(今のところ)得をしたのは福田だけってことになるのだが、
小沢がどんな実を取ろうとしているのかわからないのでそれも五里霧中。

それにしても、3ヶ月やそこらで
与党と筆頭野党の党首が揃って辞任する先進国家って異常だな。
[PR]
by Worthy42 | 2007-11-04 23:09 | 情熱と怠惰の断片(日記的)
<< 馬鹿で結構 Big Three, Big ... >>