今週の読了帳(12・17~12・22)

年末年始に読む本を、またもや再々変更。
ぶらりと立ち寄った古本屋が思いのほか安かったので、
買うはずの予定がないものまで手を伸ばしてしまった。

購入したのは以下のとおり。

・『北東の大地、逃亡の西』
・『ハリウッド警察25時』
・『長距離走者の孤独』

に加えて、

・『ホテル・ニューハンプシャー(上・下)』(ジョン・アーヴィング)
・『翻訳秘話』(村上春樹+柴田元幸)
・『沈黙の春』(レイチェル・カーソン)
・『蟻』(ベルナール・ウェルベル)
・『さらばヤンキース(下巻)』(デヴィッド・ハルバースタム)

を、つい買ってしまった。

久々に立ち寄った心斎橋のアセンスに肝心の『百年の孤独』が置いてなかったので
クリスマス明けに閉店してしまう心斎橋のランダム・ウォークの洋書を覗きがてら
『ペドロ・パラモ』と『夜の果てへの旅(上・下)』ともども、また明日探しに行こうっと。

ちなみに、『さらばヤンキース(下巻)』に至っては、
すでに家の本棚に眠っていて、探していたのは上巻の方だった。
が、それでも、今日は気分がいい(笑)。


・『となりまち戦争」』(三崎亜紀)
評価:A-
・『バスジャック』(三崎亜紀)
評価:A(「動物園」はAA)
・『白河夜船』(吉本ばなな)
評価:A(「白河夜船」のみ読了、評価)

<Now on Reading>
・『ボストン、沈黙の街』(ウィリアム・ランデイ)
[PR]
by Worthy42 | 2007-12-22 22:57 | 一冊入魂(読書記録)
<< プラハの追憶とダジャレ 三度、再考 >>