今週の読了帳(02・04~02・10)

奈良への小旅行が延期になった挙句に
大雪のせいで家に閉じ込められてしまったので
これ幸いと読書に集中できた週末。

・『長距離走者の孤独』(アラン・シリトー)
評価:B(表題のみ読了)

とにかく、翻訳の文体が好みではなかったという一点に尽きる。
まあ、これまでにもそういう本を読んだことはあるのだが。
若者のはずの主人公の心境の文体が
妙に老獪だったせいもあってのめりこめなかった。

・『アムステルダム』(イアン・マキューアン)
評価:A+

最初は冗長さというか、クドイまでの洗練さにうんざりしたけど、
次第にストーリに引き込まれていった。巧いな。
それにしても、この著者が男性だとは。
なぜか完全に女性だって思い込んでた。
とりあえずもう1作読んでみようという気にはなった。

・『新釈 走れメロス』(森見登美彦)
評価:AA-

初めての森見作品だったが期待に違わぬ面白さ。
妄想的だけど嫌みがない。棘はあるけど丸い。
青春群像というにはちと苦いけれど、不思議と後味は悪くない。
作中に出てくる京都の「哲学者の道」を歩いてみたくなった。

<Now on Reading>
『私を離さないで』(カズオ・イシグロ)が第一の候補だが、
うーん、なんとなく今の心境に合わないかな。検討中。
[PR]
by Worthy42 | 2008-02-10 21:31 | 一冊入魂(読書記録)
<< ねっとりねとねと 善き人のためのソナタ >>