今週の読了帳(04・28~05・06)

立ち寄った心斎橋のアセンスでふと手に取ったのが
『ゴールデンスランバー』でも『少年たちはなぜ人を殺すのか』でもなく、
平積みされていたドイツ発のバイオ・サスペンス『深海のYrr(イール)(上・中・下)』。

a0096546_023526.jpg


これがほんとに面白くて面白くて。

ドイツで『ダヴィンチ・コード』からベストセラー1位を奪取して
200万冊の大ヒットを記録したのが納得できる。

あまりの面白さに熱中しすぎて
並行して読み進めていた他の本を全て中断して本書だけ読み耽りました。

詳しくはおいおい書評ブログの方で。

『深海のYrr(イール)(上・中・下)』(フランク・シェッツィング)
評価:AAA

<Now on Reading>
・『天使』(佐藤亜紀)
・『百年の孤独』(ガブリエル=ガルシア・マルケス)
・『キャパ その青春』(リチャード・ウィーラン、沢木耕太郎訳)
[PR]
by Worthy42 | 2008-05-07 00:30 | 一冊入魂(読書記録)
<< U-G-L-Y Will to Win >>