スイッチ・オン

「毎日書くのだ。(中略)書けるときに書き、書けないときに休むというのではない。
書けない、と思うときにも、机の前に座るのだ。すると、ついさっきまで、
今日は一字も書けない、と思った筈なのに、ほんの少し、
行く手が見えるような気がするから不思議である。
書くことが大切なのではない。机の前に座ることが大切なのである。
机の前に座って、ペンを握り、さア書く、と言う姿勢をとることが大切なのである。
自分をだますことだ。自分は書ける、と思うことだ」


―宇野千代

「書く」を「読む」に、そして、もちろん、「訳す」にして
自らを戒める。
[PR]
by Worthy42 | 2008-06-21 10:04 | 美句妙文礼賛(魅惑の文言集)
<< ファイナル・サイド・ストーリー(上) Game 6 >>