今週の読了帳(07・21~07・27)

私の中では今年はやはりボストンの年だという強い思いがあって、
夏休暇はボストンに行こうと計画を練っていたのだが、
お盆というもっとも航空運賃の高い時期に、昨今の燃料費の高騰もあって泣く泣く断念。
アメリカ1往復料金が7月のドイツ往復料金(※5年前)の3倍ってのは
いくらなんでも高すぎる。

で、徳島と熊本に行くことは決定しているのだが、あとは未定。
いずれにせよ、そろそろ「夏読本」を決めなければいけない時期です。

今のところ決まっているのは、ガルシア・マルケスの『百年の孤独』と、
ランス・アームストロングの『It's Not About The Bike』。

ま、要は長らく保留にしていたものを読もうということです。
『It's Not About The Bike』なんか6年ものだしね。

<今週の購入本>
・『NHK ラジオドイツ語講座』
以前受講を断念していたドイツ語講座に10月から通う予定。
テキストをざっと見ていたら辞書を引く必要がない程度には覚えてる。
ちなみに復習編の方のテキストの講師は
ドイツを始めて訪れたドイツ語研修旅行の担当講師の1人。
当時は別の大学にいらっしゃったのだが、世間は狭い。


<今週の読了本>
・『グリズリー』(笹本稜平)
評価:AA-

なかなかの野心作。好きだね、こういうの。
テロを企てるものと、それを阻もうとするもの。

それぞれの登場人物にはそれぞれの事情もあるが、
最後の最後で彼らの「何か」が十分には描ききれていない気がする。


・『凍える森』(アンドレア・M.シェンケル)
評価:A+

2007年度ドイツミステリー大賞受賞作。
1920年代に実際に起こったドイツ犯罪史上最も残虐な未解決事件をモチーフ。

子供を含めて6人が惨殺された事件の関係者の証言で綴った
ドキュメンタリースタイルがドイツでは斬新だと評価されたらしい。
警察官の質問と関係者の解答のみで語られる恩田陸の『Q&A』を思い出した。

読んでいくにつれ、おぞましい世界がそこに存在したことが明らかになる。
映画化すればホラーテイストになりそう。


・『将棋の子』(大崎善生)
評価:AA+

詳細は書評ブログで。

大崎善生特有の「泣かそう泣かそう」という意識が行間に溢れて食傷気味だが、
それ以上に「将棋世界」の元編集長としての矜持と将棋界に対する思いは強く厳しく温かい。

内容は想像以上に衝撃的。

幼い頃から自分と両親の人生まで捧げていた将棋の世界から
年齢制限のために去らなければならない。
26歳で将棋のプロとしては生きていけない烙印を押され、
何の経験もないまま社会に放り出された無数のかつての怪童たち。

現在4冠とかつての勢いを取り戻しつつある羽生が
勝利を確信した瞬間に駒を取る手が大きく震える理由が今なら分かる気がする。

羽生は知っているのだ。

この勝利を決定付ける一手が、
将棋人生を決定付ける運命の一局に敗れた無数の屍の上に立っていることを。


・『凍える島』(近藤史恵)
評価:AA

昨年、自転車レースの内幕をミステリ仕立てにした『サクリファイス』で
「このミステリがー凄い!」大賞にランクインした近藤史恵の他の著作のなかで
もっとも評価が高いと知ってずっと読みたかった作品。

帯の惹句からライトノベルかなと思いきや、
いやはや、なんとまあ本格的、というか古典的な作品。

無人島、密室殺人、閉鎖された空間で次々と死んでいく登場人物、
まるで、そう、アガサ・クリスティの名作『そして誰もいなくなった』を髣髴とさせる。

動機には賛成できない。
だが、かなり好きなタイプの作品。

<Now on Reading>
・『第七の女』(フレデリック・モレイ)
・『千年の祈り』(イーユン・リー)
・『土曜日』(イアン・マキューアン)
[PR]
by Worthy42 | 2008-07-27 22:03 | 一冊入魂(読書記録)
<< Summer Ballpark... 隙がないわけではない >>