今週の読了帳(2008・08・04~08・23)

家のPCがダウンしてます。

まともに起動すらしてくれないので、修理に出すか、新しいPCを購入するか思案中。
ということで、これからしばらくは更新が滞るかもしれませんのであしからず、です。

で、夏季休暇は遊びに精を出しすぎたのと、
五輪観戦に夢中になりすぎたせいもあって
ほとんど読書に専念できず(予想通り、笑)。

とはいえ、年初に立てた洋書読破計画が遅々として進まないことに
さすがに焦りを感じてきたので、年内は洋書を中心に読み進めていくことにします。

その前に、たらふく邦書を読み肥えたいと選んだ3冊が次の通り。

・『百年の孤独』(ガルシア・マルケス)
・『カインの眼』(パトリック ボーウェン)
・『閉店時間』(ジャック・ケッチャム)


『百年の孤独』はもはや説明不要の大傑作で、
80ページほど読み進めていた段階で止めていたものを初めから再読中。
味わい深い作品なのでゆっくりゆっくり愛でるように読んでいます。

『カインの眼』はフランスで大ヒットした作品で、
アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』に真っ向から挑戦した展開とか。
ドイツの傑作SF『深海のYrr』に倣って、二匹目のドジョウ(フランス産)を狙っています。

『閉店時間』は鬼才、ジャック・ケッチャムの最新短編集。
最近、本の選択が丸くなってきた気がするので
たまには脳天を揺さぶられる激しい刺激に晒されようと選んだ一冊。

ケッチャムといえば、鬼畜系というか、悪魔的というか、
残酷かつ悲惨極まりない内容で「暴力的ポルノ」などと
一部で非難の声も上がっているホラー作家。

都会人と食人族との凄惨な戦いを描いた『オフ・シーズン』は
かなりの衝撃を以って受け止めたことを覚えています。
たまには、そんな負の気分に蹂躙されたくなります。


<今週の読了本>
・『禅、「あたま」の整理』(藤原東演)
評価:A+

メモしておきたい逸話や教訓が目白押し。
座禅を続けたいという気になります。できれば、本格的に。


・『千年の祈り』(イーユン・リー)
評価:AA

中国人作家の作品を読了したのは、これが初めてだったと思うのですが、
なんというか、日頃使わない筋肉や神経、感覚を刺激されるような感じがしました。

10篇からなる短編集ですが、
どれもこれも10億人の人口を抱える中国の土着社会を色濃く、強烈に反映しつつ、
意外に淡やかで柔らかな瑞々しい読後感すら与えてくれる不思議な一冊です。

偉大な指導者の「生き写し」として広く奉られた男の悲喜劇を描いた
「不滅」がもっとも好きな作品です。
[PR]
by Worthy42 | 2008-08-23 16:18 | 一冊入魂(読書記録)
<< Back to Web オリンピック雑記(5) >>