モンタナ発徳島経由

先日、徳島に行ってきた。

アメリカに留学していたころの友人と5年ぶりの再会。
前回会ったのはアテネ五輪開幕直前。
その前に会ったのはさらに4年前のシドニー五輪前だから、
まるで『こち亀』に4年に一度登場する日暮さん状態だ。

この友人は出会った頃から夕食前にウォッカを飲るという愛すべき嗜好があって、
郊外のバーまでドライブがてら出かけて酒を覚えたての初な私に
マルガリータというカクテルを教えてくれたのも彼女だった。

今では健康上の理由でウォッカを焼酎に変えたということだが、
飲みっぷりの良さは相変わらずで、健康的な効用はいずこへと思わずツッコむ。

共有したのは1年という限られた時間のほんのわずかな時だけ。
それでも、当時の思い出でだけで9年後にこうして旧知の仲として再開できることに、
心の底からじわりと湧き出るような素朴な喜びを感じた二日間だった。

今すぐにでも会いたい友人が海の向こうにまだいる、
阿波の夜の帳にそんなことをしみじみと思った初の四国旅でもあった。

a0096546_23301368.jpg
お遍路の一番札所。「りょうざんじ」と読むらしい。内部は荘厳な雰囲気。次は歩いて。
a0096546_23304178.jpg
渦の道から眺めた直下の渦潮。高所恐怖症なので、身が縮む思いがした。
a0096546_2331715.jpg
映画の舞台にもなった眉山からの徳島市街の一望。
[PR]
by worthy42 | 2008-10-04 23:49 | 情熱と怠惰の断片(日記的)
<< 今週の読了帳(09・29~10... 100年に1度の危機 >>