今週の読了帳(11・17~11・23)

先日、トレンチコートを買いに行ったら、
Lサイズなのに前のボタンが止まらず、LLサイズを取り寄せる羽目に。
数年前まで服のサイズはMだったのに。学生時代なんてSを着ることだってあったのに。
もともと細身だからしょうがないのさ、と自分を慰める日々です。

さて、風邪がなかなか完治せず、体の節々にもどんよりした痛みが出てきて、
ほんとにただの風邪なのかと疑ってしまうのは、この季節のもはや「風物詩」的行事。
休日もなるべく外出しないように健康管理がファーストプライオリティになっています。

そんななか、フランス語を勉強している同僚から
「語学関連本って選んで買うのがムッチャ楽しいよね。すぐには読めへんけど」と言われ、
わが意を得たりと、激しく同意しました。

メディアの書評を読んで、ブログをチェックして、さらにアマゾンのレビューで確かめて、
語学本を吟味するのは、他の本を選ぶよりもどういうわけか楽しいのです。

で、今チェックしているのは、
・『英文法がはじめからわかる本』
・『必携ドイツ文法総まとめ』
・『早引き類語連想辞典』

購入するかどうかはまだじっくりと考えながら決めるとします。

<今週の読了帳>
・『20世紀の幽霊たち』(ジョー・ヒル)
評価:☆☆☆☆

<Now on Reading>
・『日本語の作文技術』(本多勝一)
・『制裁』(アンデシュ・ルースルンド、ベリエ・ヘルストレム)
[PR]
by worthy42 | 2008-11-23 09:48 | 一冊入魂(読書記録)
<< Rookie Sensation Familiar and Un... >>