For the first time in 10 years

約10年ぶりに英検(1級)を受験した。

結局、問題集等を揃えながら、単語帳をざっと眺めるだけで
特に何の準備も講じないままのぶっつけ本番。

以前受験したという同僚から
「とにかく語彙力とヒアリング。読解は多分イケる」と忠告を受けていたのだが、
(語彙力とは大問1の単語穴埋め4択問題のことを言っている)
実のところ、まあ、4択だから4つのうち悪くとも2つには絞れるだろうと高を括っていた。

…が、甘すぎた。

会話形式の問題文自体は平易。英検2級でも可能なレベルで、
選択肢に選ぶべき意味はすぐに分かるのだが、
その選択肢に収まるべき単語が私にとって非日常で高尚なものばかり。

一応、一日中机に座って英語を読み説く仕事をしているし、
英字新聞を毎週購読しているのだが、一度も見た記憶がない(覚えていない)
単語のオンパレード。勉強不足を露呈して形になってしまった。

解答に迷った問題はとりあえず後回しにしようと決めていたので
ササッと先へ先へと進んでいたら、結局、とんでもない数が残ってしまった。

ヒアリングは最初は順調だったのだが、
1問躓くと尾を引いてしまって、徐々に気になりだして集中力が散漫に。
挙句の果てに前の問題を考えていて解答方法のガイダンスを聴き逃す始末。
なんやかや2年ほど海外にいたし、毎日15分ほど英語のヒアリング漬けなので
実は意外と自信があったのだが、我ながら自分の実力は大したことなかったな。

仕事は単語を覚えることよりも、むしろ辞書等を引いて正確な意味をつかむこと、
そう言って英検を受けない別の同僚の言葉が頭をよぎりながらも
やはり、いろいろ考えさせられた3時間だった。

結果発表は来月中旬。はてさて。
[PR]
by worthy42 | 2009-01-26 00:03 | 情熱と怠惰の断片(日記的)
<< 解答速報 今週の読了帳(01・17~01... >>