写真で振り返るベルリンの壁

ドイツ大使館の記念写真展から拝借。

a0096546_1834393.jpg
ベルリンの壁建設初期
a0096546_18395112.jpg
ブランデンブルク門を囲む壁
a0096546_18402614.jpg
ベルリンの壁の突破を図って射殺された青年
a0096546_1841726.jpg
西側への出国を求めて大使館@プラハに群がる群衆
a0096546_18424329.jpg
ライプチヒでのデモ
a0096546_18433188.jpg
国境が開かれた夜。もちろん、車はあの名高いトラバント。
a0096546_18443856.jpg
壁の上の東西両ベルリン市民。11月11日。
a0096546_18462380.jpg
東から西へ。
a0096546_184748100.jpg
かつてのベルリンの壁跡。


政経誌SPIEGELでは、同時期、ポーランドで「連帯」を率いたワレサ氏の独占インタビューが掲載中。

ベルリンはドイツ滞在中にぷらっと1、2度訪れただけで、
ハンブルクやドレスデンほど長く暮らしたことはありませんが、
冷戦の象徴たるベルリンの壁がかつて存在したというそれだけの理由で、
歴史を身近に、そして深く、感じさせるとともに考えさせられる街です。
もちろん、そこにヒトラーの影もあるのでしょうが。

壁崩壊20年目の明日は、記念式典が開かれます。
[PR]
by worthy42 | 2009-11-08 19:05 | 踊らない愚者(ニュース感想等)
<< 今週の読了帳(11・04~11... Surprise, Surpr... >>