「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ひたむきに、か

”奇跡”とか"魔物”とか、
一言で片付けるのは納得がいかないが
そうとしか形容しようがないのだからしょうがない。

7回までは打線はわずか1安打。
投手陣は10安打以上を浴び防戦一方のなか、
頼みの無失点エースがついに失点し、4点差。

練習時間の少なさという公立校ならではの(致命的な)ハンデを覆しての決勝進出。
準優勝でも「よくやったよ」との励ましは間違いないし、
いつ気持ちの面で切れてもおかしくはなかった。

8回裏の5点に絡んだ安打はわずか3(試合を通しての長打はホームランのみ)。
そのうち最初のヒットは飛んだ場所が良かっただけのボテボテのラッキーヒット。
押し出しを含め2四球にしても審判の判定に首を傾げたくなる場面もあった。

それでもあんなに劇的な勝利を収めてしまうのだから
高校野球はほんとに分からない。

あえて勝因を挙げるとすれば(こんなのは通常はありえないと思うのだけれど)、
アルプスの応援団だけではなく観客の多くを味方に引き寄せた、
彼らの「ひたむきさ」かと。

解説席に座っていた松坂と松井秀の高校時代の恩師の二人は、
その鉄壁の守備力には驚きと感心を隠せないでいた。

十数本の安打を許しては毎回のように何度も失点のピンチを迎え、
幾度となく強い打球を浴びながら
まるでマンガ『キャプテン』の世界のように
溜息が出るほど見事な守備を貫徹した。

強いゴロでも体を張って前に落として処理する、
プロでも手抜きしがちな守備の基本を内野手すべてが徹底していたところに
このチームに根付く野球に取り組む実直な姿勢と
限られた時間のなかで数千、数万のゴロを追ったひたむきさを偲ばせた。

そんなチームが耐えに耐えて迎えた千載一遇のチャンス―――観客は肩入れをしないではいられなかったし、異様な球場全体の盛り上がりは、突如ヒール役と化した投手から余裕を奪った。

ただ強いだけではなく、見る者の胸を打つ試合を見せてくれたご褒美かな。
[PR]
by Worthy42 | 2007-08-24 15:13 | ひとときの残滓(スポーツ)

酔いどれ説法

生臭坊主はいつもの如く焼酎の水割りを喉に流し込みながらしたり顔で彼に説く。

人間には基本的にね、2種類しかいないのよ。
他人に嘘をつく人と自分に嘘をつく人の2種類しか。
自分にも他人にも嘘をつける人なんてね、ほとんどいないのよ。

彼の中の苦悶を見透かしたかのように続ける。

結局人間なんてね、
想いを内に秘めて黙っていようが、
面倒くさいからと別の自分を演じようが、
都合よく嘘八百を並べようが、
嘘には遅かれ早かれ耐えられなくなるんだよ。
嘘の重みに心が軋むんだよ。
そして、ある日はたと嘘で失ってきたものの大きさに気付いて愕然とするのよ。
でもそのときには正直に生きるには手遅れなんだよ、もう。

離婚したのは嘘が原因だったんですか、そう訊こうとして彼はやめた。

自分にも他人にも嘘をつけない人なんているのかな、と彼は呟く。

なに言ってんの、ここにいるじゃない。ぼくだよ。

生臭坊主は豪快に笑って彼に酒を注いだ。
[PR]
by Worthy42 | 2007-08-24 12:09 | 情念の雷(心と言葉)

Day off

a0096546_23555277.jpg

「Don't worry 'bout a thing 」を聴きながら真夏の酩酊昼。
15年前の想い出の曲なの、という告白を聞くともなく聞き流す。
[PR]
by Worthy42 | 2007-08-24 00:01 | 情念の雷(心と言葉)

チャー・シュー・メン

帰省最後の日はなぜかゴルフ場でアプローチの練習。

ゴルフイベントは以前何度も運営したことがあるが、
クラブを握るのは今日が数回目。

フォームが固まっていないせいもあってボールの軌道が定まらない。

空振りこそなかったもののチョロッたり、ダフッたりの永遠の繰り返し。
140球ほど打って会心の当たりは1、2打。
それでもハンデ6の父親には妹のほうがはるかに上手いと言われた。

練習場に真剣な顔をして居並ぶアマゴルファーの列を見て、
オレはなんとまあ知識だけでゴルフの記事を書いていたのだと
少しだけ過去を恥じたり恥じなかったり。

帰宅するとテレビでゴルフ観戦。
横峯さくらならずともプロのスイングを見て
己の拙さとゴルフの奥深さをただただ実感。

日本で最も多くのプレイ人口を誇るスポーツの魅力(と難しさ)を感じた一日でした。
[PR]
by Worthy42 | 2007-08-19 21:35 | 情熱と怠惰の断片(日記的)

狩猟本能の先にあるもの

アイヌの人々は、ウェンカムイとなったヒグマに対しては容赦なく徹底的に立ち向かったというが、その時彼らは何を思い何を考えて相対したのだろう。(中略)いつ自分が殺られるかという恐れを抱きながらもウェンカムイを追う彼らを支えていたものは何か。単に同族である人間を獣から守るという以上に、何か宗教的な崇高さ、人間が自然の中で生き抜いていくために神々と取り交わした掟を守ろうとする強靭な意志の存在を思わせた。

―『ウェンカムイの爪』より
[PR]
by Worthy42 | 2007-08-16 17:45 | 美句妙文礼賛(魅惑の文言集)

卒論

今日、捕獲檻を前にして感じた恐れは、純粋な恐怖と言うよりはスリルといったほうが正しいのではないか。去年のあの時と違い、今日は恐れを感じていたとしても、囚われの身のヒグマに対して人間の側が圧倒的な優位に立っていた。(中略)追われる者、食われる者としての怯えを伴った恐怖ではなく、追う者、追われる者が負うべき危険に対する、快感を伴ったスリルではなかたったか・・・。

ヒグマを捕獲し、その後に追跡調査をするというこのフィールドワークが、現代人の内奥に密かに眠っている狩猟本能に触れるものを持っていると考えれば、熱に浮かされたような彼らの様子にも得心がいった。(中略)発信機を付けて彷徨うヒグマを追跡し、その姿をカメラのファインダーで捉えてシャッターを押すという行為は、道具が銃からカメラに替わっただけで、ハンティングに他ならない。獲物を追い詰めようとする時にハンターが味わうスリルと同質のものを予感し、興奮を覚えたのだった。(中略)そこにある血に飢えた自分の内面を一瞬かいま見たような気がして、その野蛮さにぞっとする嫌悪を覚えたものの、そこにはなぜか抗い難い魅力もあった。

―『ウェンカムイの爪』より
[PR]
by Worthy42 | 2007-08-16 17:38 | 美句妙文礼賛(魅惑の文言集)

決定打

自然と口に出たそのことばが彼の無防備な心を抉る。

多分、それほどのことで心が揺らぐとは
彼自身、思ってもいなかったに違いない。

気付いて気付かないふりをしていたことを彼は悟らされる。

差し伸ばされた手を掴むより、
掴んだ手を離さないでいるより、
手を差し伸べることのほうが、
どれだけ難しいのか分かっていたつもりだったのに。


夏の日差しは依然として強い。

それが無性に眩しく感じるのは
きっと光のせいだけではない。

「そうだね」

彼はそう言って去っていった。そして彼女も。
[PR]
by Worthy42 | 2007-08-15 19:40 | 情念の雷(心と言葉)

にわかサイクリスト

最近、自転車生活に凝っていて
今度ロードバイクを買おうと考えています。

北海道の知人が毎週末に午前5時に起きては
50キロ、100キロと悠久の大地を駆け抜けていると聞いて
以前から興味深々なのでした。

私自身もともと自転車で移動するのが(運転するのも)好きで、
折りしも次の段階(長距離を走るとかタイムを競うとか)に
進みたいと考えていた時期。

というわけで今日はどれくらい走れるのか実験的な意味をこめて、
玉造から西長堀(地下鉄で7駅、15分くらいか?)まで
小型自転車で走ってきました。

結論から言えば、緩やかな上りがずっと続いた一直線の道を約30分。
心斎橋までなら20分弱。炎天下だったのできつかったけど意外と近いし、
帰りは思っていたより楽でした。

重いバッグを肩から掛けていたので汗をかいてしまいましたが、
まあ夜の気温ならそれほどでもないか、と。

京都や奈良、挙句の果ては徳島の友人に会いに
ロードバイクで行こうかなとも計画中。

あとは車種を決定しなきゃだな。
[PR]
by Worthy42 | 2007-08-15 19:14 | 情熱と怠惰の断片(日記的)

ラジオ耳

私は目覚ましに置き時計と携帯、そしてラジオ(コンポの)を使っているのだが、
今朝は珍しくラジオのタイマーで目が覚めた。

寝ぼけ眼で聞いていると、
友人のアナウンサーが番組に出演していて
今日の甲子園の試合の実況中継をするという。

というわけで、いつもなら寝ているこの時間帯、おまけに4時間睡眠の体に鞭打ち、
さっきからずっとラジオで高校野球を楽しんでいます。

ところで、ラジオはその対象との距離が最も近い(リアルタイムでのリスナー参加型の番組が多い)メディアである一方、もっとも話し手の力量が問われるメディアでもあると思う。

顔が見えずに声だけで勝負しなければいけない世界なので小細工が効かない。

実況はもちろんのこと、1本30秒程度のニュースを4本読むだけでも
そのアナウンサーが本当にそのニュースを理解しているのか、
それともただ単に字面を追っているだけなのかが即座に分かる。

テレビでは映像でごまかすことはできても、
声だけが電波に流れるラジオでは話し手の力不足を隠すことはできない。

慣れてくるとテレビでもニュースを聞いてれば上手い下手はすぐに分かるし、
全国ネットでもなんだこの拙さは・・・と愕然としてしまうアナウンサーは結構いる。
その点、NHKはさすがにしっかりしているなあと思う。

まあ、アナウンサーの力量で何を最優先するか、つまり、求められる力量はニュースを読む力なのか、それとも番組での当意即妙なトーク力なのか、という見方も関係してくると思うけど。

個人的には、ニュース原稿もろくに読めないのにバラエティ番組では嬉々として司会を務めている人間より、華やかさに欠いてラジオの仕事しか回ってこなくてもきっちりニュース原稿を読める人間の方が好きだな。

それにしても、やっぱりラジオの野球中継はいい。
想像力をかきたてられるな。
[PR]
by Worthy42 | 2007-08-14 10:22 | 情熱と怠惰の断片(日記的)

Too Late to Recover

数字の羅列の特別な意味に、
はたと気付いた昼下がりの午後。

致命的な失念にも
罪悪感や後悔、そして喪失感はそれほどでもない。

感性の愚鈍さは人生を倦んでいる裏返しなのか?

マックでハンバーガーを貪りながら
ベジタリアンへの転身を決意するのと同じく、
不毛な考えが心を支配する夏の日。
[PR]
by Worthy42 | 2007-08-13 20:09 | 情念の雷(心と言葉)