<   2007年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

シャトゥーン

人間が死に近触する恐怖を感じるケースは
大まかに2種類に分別されると思う。

ひとつは悪意で、たいていの犯罪者はこれに属する。
狂気に駆られた凶悪な犯罪者を前にして我々が怯え戦くは
そこに(たとえ我々一人ひとりが有していても実行不可能な)
非日常的な絶対悪を見て取り、死の予感を感じずにはいられないからだ。

もうひとつは、自然の脅威に晒されることだ。
地震、台風といった災害の類もそれに該当するが、
最も絶望感に苛まれるのは他の動物と同じく野生に放たれたときだ。
「ジュラシックパーク」のようなモンスターパニックムービーを思い出してもらえばいい。

モラルも感情もなく、「弱肉強食」のルールの下で
捕食者が非捕食者に対して絶え間ない殺戮を繰り返す世界にポンと置かれた瞬間から、
無力な人間は恐怖に支配され、一生解放されることはない。

前置きが長くなったが、この映画を支配する恐怖は後者に当たる。

北海道の冬の山小屋に閉じ込められた一行が、
秋に食い溜めに失敗して冬眠できずに徘徊する
シャトゥーン(穴持たず)と呼ばれる人食いヒグマに襲われる。

身長3メートル、体重350キロの巨大な体躯、
100メートルを6、7秒で駆け抜けるスピードと脚力、
人が乗ったマイクロバス(約5トン)の圧力にも耐えうる怪力、
足跡を消して追跡者の背後に回りこむ「止め足」を駆使する頭脳。

自然界での人間の非力と存在のその軽さに絶望しながら
この巨大な肉食獣に一人、また一人と生きながら食われていく人間たち。

解説では「冒険小説」と銘打たれているが、「冒険」?とんでもない。
冒険と呼ばれる行為は作中にはほとんどない。
蚊ほどの抵抗しかできずに、内臓を、腿肉を、頬肉を、そして頭蓋骨を
ただただ貪り食われるだけの、残酷極まりない「恐怖小説」といった方が正しい。

全編を支配する圧倒的な恐怖と暗澹たる雰囲気には
胸くそ悪いを通り越してトラウマになりそうなほど。
深夜1時から読み始めて明け方5時には読了したが
ショックのあまりになかなか寝付けなかった。

情景描写がいまひとつわかりにくかったが、
一貫してヒグマを捕食者、人間を非捕食者という構図で捉え、
残酷な(熊にとっては正当で、動物界にとっては健全な)事実描写を徹底したのは
さすがに事実を書き連ねることを常とする現職の新聞記者ならでは、か。

また、心理描写―――特に眼前に死が迫ってもなお、人間同士が
大人気ない意地の張り合いを続けるのは不自然だと思うし、
逆に場にそぐわないのどかなほんわか感が漂うのも不可解に感じる―――
に納得できない箇所が多くあったのも、これまた新聞記者らしい、か。

一気に話に引き込まれ読み耽ったが、
内容の凄惨さと惨たらしい事実描写に読後に大きなショックを与えかねない快作。

個人的には同じ熊を扱うにしても、
本作のようにヒグマの凶暴さや残酷さにのみ焦点を当てるよりかは、
マタギと熊との戦いをテーマにした作品で、
マタギの精神的崇高さに加え、熊や自然への敬意を払っている
『邂逅の森』の方が好きだ。

『シャトゥーン』(増田俊成)
評価:A+
[PR]
by Worthy42 | 2007-09-30 23:52 | 一冊入魂(読書記録)

断固、立件を支持する

集団暴行の力士を介抱せず見殺し

これは八百長疑惑や朝青龍問題とは比べ物にもならない、非常に由々しきこと。

計画的で悪魔のような集団暴行で死に至らしめた上、
遺体を火葬しようと画策したり、携帯を壊したりして証拠隠蔽を図る周到ぶり。

反省の色や遺族を慮った発言もなく、
この期に及んで面子を守ろうとする発言に終止する、
もはや人の顔をした、親方という仮面をかぶった鬼畜だな。

容疑は傷害致死になるだろうが、
殺人で立件してほしいくらいだ、コンチクショウ。

相撲協会も「臭いものにフタ」的な発想が見え隠れ。
「しごき」のような時代錯誤的な価値観を強いるくせに、
上層部は閉鎖的で不透明、おまけに逃げ腰に終止する腐った輩ばかり。

多分、過去にさかのぼって調査すれば
いくつかの死亡例が出るだろう(週刊誌がするだろうな)が、
第3者機関を設けてでも徹底的に調査して膿を出すべきだ。

横審なんかで朝青龍に「辞めろ辞めろ」と吼えてる場合じゃない。
人一人が殺されたんだから。

わかってんのかな、これは「事故」じゃなくて、「事件」だぞ。
[PR]
by Worthy42 | 2007-09-30 10:34 | 情熱と怠惰の断片(日記的)

Thinking About You

I guess it's time for me to leave you go.
But I've been thinking about you.
[PR]
by Worthy42 | 2007-09-30 00:00 | 情念の雷(心と言葉)

今週の読了帳(09・24~09・29)

今週は昔読んだ西村京太郎の『名探偵シリーズ』の再読を中心に。

西村京太郎といえば、いわずと知れた十津川刑事が主人公の鉄道モノが名高く、
私の読書遍歴の初期(中・高時代)にかなりの作品を読み耽ったことを覚えている。

そんな西村京太郎にとって珍しい探偵モノが『名探偵シリーズ』全4作。
この作品は明智小五郎、エルキュール・ポワロ、エラリー・クイーン、メグレのその後、
つまり引退間近の老いた4人の名探偵が登場するパロディ。

2作目の『名探偵が多すぎる』に至っては、
アルセーヌ・ルパンと怪人二十面相(これまた年老いている)まで出ていて、
小学校時代に明智小五郎とルパン(とシャーロック・ホームズ)で
読書遍歴をスタートさせた私にとっては懐古と興奮の念に駆られる。

再読でストーリーを覚えているけれど
懐かしさにどことなくホッとしつつ、ニヤニヤしてしまう。

『名探偵なんか怖くない』(西村京太郎)
評価:AA
『名探偵が多すぎる』(西村京太郎)
評価:AA

・『雨の掟』(バリー・アイスラー)
評価:AA
・『オリエント急行の殺人』(アガサ・クリスティ)
評価:A


<New Waiting List>(列挙しても読まないのもある、苦笑)
『名探偵も楽じゃない』(西村京太郎)
『名探偵に乾杯』(西村京太郎)
『サウダージ』(垣根涼介)
『シャトゥーン』(増田俊成)
『背の眼』(道尾秀介)
『ウルトラダラー』(手嶋龍一)
『セリヌンティウスの舟』(石持浅海)
『翻訳教室』(柴田元幸)
[PR]
by Worthy42 | 2007-09-29 23:09 | 一冊入魂(読書記録)

もっとも感動的なスピーチ@スポーツ

「ファンの皆さんは、この二週間の間に私に起こった不幸については、
新聞などでご存知かと思います。でも、今日の私は不幸ではありません。
地球上でもっとも幸せな男です(the luckiest man on the face of planet)」

「苦しい試練にさらされながら敢然と普通では考えられないような勇気で
私を支えてくれた。彼女(妻)こそ私の知りうる最高の女性でした」

―ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵され、余命二年半と告げられた3週間後の
  独立記念日に行われたヤンキースタジアムでの引退式典で、
  6万2千人の大観衆を前にしたルー・ゲーリック(元大リーガー)の言葉。
  ちなみに背番号「4」は米国スポーツ史上初の永久欠番となった。

  
「今、喜びもないかわりに、悲しみのない別の人生をさしあげようといわれても、
私はやはり、ルーとの短い幸福と絶望の日々を選ぶでしょう」

―ルーの死後もALSとの戦いに生涯を捧げた妻エレノア・ゲーリックの言葉。
  結婚生活は”わずか”8年間だった。
[PR]
by Worthy42 | 2007-09-29 21:34 | 美句妙文礼賛(魅惑の文言集)

アベする、アサヒする

学生時代、何を思い立ったか、
「マックる(マックに行く」、「セブる(セブンイレブンに行く)」とか
妙な略語を流行らそうと奮闘していたことがあります(笑)。

案の定、浸透どころか白けさせるだけでしたが、
これはなかなか面白いかもしれない。反応も含めて。

「アベする」流行語騒動とその副産物

両者ともなかなか核心を突いているといえます。

私も何か新しいのを考えたくなりました。募集します(笑)。


ちなみに、日本ハムが今この瞬間、優勝をぐっと手繰り寄せました。
(9回表段階で5-1。なお攻撃中)
こんなに地味なのに強いチームというのは珍しい。
一人ひとりの能力というより、個々の瞬時の適応力が抜群に凄い。
小笠原と新庄を失った昨年より強いと思うのは私だけでしょうか。
ヒルマン監督はなんとも見事な遺産を残したものです。
[PR]
by Worthy42 | 2007-09-29 21:01 | 情熱と怠惰の断片(日記的)

なんとかならんのか

「文化の成熟度は都市の人口に比例する」

昔の上司が映画の試写会を開催したあとに吐き捨てた言葉。

邦画の名作「たそがれ清兵衛」(だったかな?)にはまったく人が集まらず、
洋画だったら何でも試写会希望の葉書が席数の数倍も送ってくるという、
福岡県(九州)の現状を嘆いて。

たまたま今この言葉を思い出しただけで
これを100%スポーツにも応用しようという気はないし、
純粋に数字(視聴率・販売数)の問題だとはよくよく分かってはいるけど、
もう少し何とかならないものか。

ラグビーW杯も女子サッカーW杯も日本が負ければ
メディアはまったく歯牙にもかけない徹底した無視っぷり。

テレビを見たくても民放でもNHKでも深夜ですらやってないし、
新聞を開いても片隅にちょこっと申し訳程度に載っているだけ。

W杯という名から明らかな通り、
弱小国のオリンピック予選なんかより遥かにレベルが高くて面白いのに。

女子サッカーに至ってはもうすでに準決勝。
ドイツにいた4年前は前回大会を民放で普通に放送していて
それを見てレベルの高さに驚いたことを覚えてる。

まあ、露出の少ないスポーツの宿命と言ってしまえば
その一言で片付けられるんだろうけど、
どうせくだらないバラエティやドラマの再放送を流すんなら
大会の放送権(準々決勝以降でもいいので)を買って
そのスポーツのメジャー化に努めるくらいの気概が
この国の放送局にはないもんかな(まあ、ないだろうけど)。

個人的にはどのスポーツであれ日本代表なんかの試合より
レベルの高い、一流の試合を観たいと思う性質だけれど、
日本でも人気のあるスポーツの世界最高峰レベルの戦いを目撃することで
ファンの日本代表への愛着や期待もきっと大きくなると思うんだけどなあ。
[PR]
by Worthy42 | 2007-09-26 21:36 | 情熱と怠惰の断片(日記的)

雨の掟

バリー・アイスラーの人気シリーズ第4弾。

主人公の日米ハーフの殺し屋がイスラエルから依頼された仕事をミスってしまい、
挙句に各方面から命を狙われる羽目に陥ってしまうというストーリー。

このシリーズの持ち味は、なんといっても元CIA勤務の作家が書いた作品なので、
主人公が取る行動ひとつひとつ(連絡手段や情報入手方法等)が
あまりにリアルで感心させられてしまう。

今回は自分以外の人間をまったく信用しない主人公と、
前作でたまたま行動を共にするようになった
軽口スナイパーとの信頼が相棒となるまで深まったために、
絶妙のコンビが冴え渡って抜群に面白い。

前作は主人公の”独白”シーンがかなり多くて辟易したが
今回は軽妙かつ下品な会話が目白押しで
主人公の人間臭さや悩みの深さが前面に出されて
今までのシリーズのなかでもっとも身近な存在に感じられた。

個人的にはこのお喋りで軽薄だがやるときゃやるスナイパーが好きで
寡黙で哲学者然とした主人公との対比も鮮やかで見事だと思う。

1作目から映像をイメージさせるほど
映画化を念頭に置いて作られている気がしているのだけれど
リアルでプロフェッショナルな殺し屋像が緻密に描かれているので
当然のごとく目立つような”衝突”のシーンが少なく、
盛り上がりどころに欠けるのではという危惧もないではない。(もちろん、観るけどね)

著者のHPを確認したところ、
このシリーズはすでに第6弾まで(原書で)刊行済みとのこと。
早く続編を読んでみたい。

それにしても、こんな殺し屋に命を狙われたら生き延びるのは難しいだろうな。

Barry Eisler のHP(ちなみに大の親日家。日本語ページも有り)

雨の掟 (ヴィレッジブックス F ア 1-4)
バリー・アイスラー / / ヴィレッジブックス
ISBN : 478973160X
評価:AA
[PR]
by Worthy42 | 2007-09-26 20:54 | 一冊入魂(読書記録)

死の記憶

35年前の少年時代に母親と兄姉を父親に殺害された過去を持つ男が、
女性ジャーナリストの求めに応じて当時の記憶の糸を手繰り寄せていくうちに
事件の背後に隠れた事実を思い出し、家庭崩壊の原因に迫っていくというストーリー。

全編に渡って漂う陰惨で悲劇的な色合いには、正直、閉口したし、
主人公の男が現在の家庭環境をないがしろにしてまで
事件の原因となった家族の関係を再度炙り出し、真実を追い求めようとする姿は
ある意味、正気の沙汰とは思えない。

過程できたす精神の危うい変容には同情を超えて哀れみの念を禁じえなかったし、
真相に辿り着いても残酷な家族史が書き換えられるわけでもなかった。

それでも犠牲の果てに見出した新しい世界に
一筋のかすかな希望が現れたような気がしないでもない。

「広大な静寂を透かし見ると、はるか彼方の闇のなかに一艘の船が見えた。私には、その船が手探りしながら、闇に閉ざされた故郷へと向かっているように思えた。」

という物語の最後の一文に、
私は逆説的だがわずかな灯りを見て取った。

絶望にまみれた救いようのない世界で、
男は少なくとも”故郷”を取り戻したのだから。

代表作『緋色の記憶』も読んでみたいと思わせる力作。

死の記憶 (文春文庫)
トマス・H. クック / / 文藝春秋
ISBN : 4167254425
評価:AA-
(装丁が不気味なほどに怖い)
[PR]
by Worthy42 | 2007-09-26 20:23 | 一冊入魂(読書記録)

To forget or not to forget: that is the question

「忘れたくても忘れられない記憶から解放されるのは」
神の恩寵を感じることに等しい」

―『雨の掟』(バリー・アイスラー)
[PR]
by Worthy42 | 2007-09-26 01:24 | 美句妙文礼賛(魅惑の文言集)