<   2008年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

今週の読了帳(06・09~06・29)

今週は本を買おう(読もうではなくて)というつもりで
書店に足を運んだので、散財やむなしというところです。

スタンダードブックスで長年読みたいと思っていた、
スターリンといった政治家から往年の有名スターに至るまで
世界の著名人へのインタビューを収めた『インタヴューズ』を発見。

が、上下巻で7000円近くかかってしまうので、
すでに3000円分購入していた身としては悩んだ挙句、断念。

が、よくよく考えれば合計ではそれくらい買ってしまったことになるのです。
この辺が確信犯的な衝動買いの恐いところです。

購入したのは以下のとおり。

・『本の雑誌(301回特集号)』
まあ、記念の特集号だしね。
この雑誌は本の購読基準になります。ハズレ率少なし。

・『心が大きくなる座禅のすすめ』
せめて、タイトルが何とかなりませんかね。
レジで「心が小さいんだろうな」と思われるのは恥ずかしいのですよ。

・『生物と無生物の間』
ご存知、席巻中の新書。
古本市場に出回るまで待つつもりだったんですが、
まあ、これも衝動買いがなせる技です。

・『思考の補助線』
初の茂木健一郎本。
なんというか、この著者が胡散臭くてこれまで躊躇っていたんですが、
まあ、これも衝動買いがなせる技です(2)。

・『日中の興亡』
初の青山繁晴本。
そこそこ信頼している政治評論家謙ジャーナリスト。
舌鋒鋭い「怒れる男」ですが、その怒り方がすごく健全かつ全うで
情報量もネットワークもかなりのもののよう。期待してます。

・『のぼう城』
毛嫌いしていた時代小説(これまでに読破したのは0冊!)。
帯の惹句に靡いて買ってしまいました。

全体的に見て、いつもは買わないような本ばかりです。
これもまた、衝動買いがなせる技です(3)。

<購読リスト>
・『お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践』(勝間和代)
評価:AA

金融に対する知識を授け、
金融への取り組み方を開眼させてくれたという点ではとても評価してます。
もう少し勉強して実践するつもりです。

勉強方云々はいいとして、
あと何冊かはこの人の金融関係本を読んでみるつもりです。


・『調べる技術・書く技術』(野村進)
評価:AA+

今年読んだ新書では私的にはトップクラスの使える一冊。

書評ブログ(更新が止まっていますが・・・)の方に詳しくは書きますが、
人から話を聞くこと、資料を調べ整理すること、それらをまとめて書くこと、
これってライター関係者ばかりではなく、ほとんどの一般的な社会人にとっても、
欠くべからず必要不可欠なスキルだと思うのです。

テーマや対象を絞りつつもその普遍的な広がりを見せるところが、「巧」です。


『雲雀』(佐藤亜紀)
評価:AA+

『天使』の続編(というか、サイドストーリ)。
面白い。文章が相変わらずため息が漏れるほど高貴かつ流麗。

『天使』でも思ったんだけれど、戦中の一時期の話で凄惨なシーンがあるにもかかわらず、
なぜこれほど優雅で豪華絢爛な絵巻のようなイメージを思い描いてしまうんでしょうか。

前作の主人公、異能者のジョルジュ、上司であるスタイニッツ顧問官ら
主たるメンバーの「その後」が描かれていて、
私的には胸が締め付けられる箇所もあります。

この作家のファンであることを止められそうにありません。


・『のぼうの城』(和田竜)
評価:AA

本に限っては雑食性な私がもっとも苦手とする分野が、「時代小説」。
司馬遼太郎、池波正太郎、そして飯島和一にも挑んだものの挫折。
時代小説系は、ここ3年は手に取ったことすらありません。

が、この本はそんな私の依怙地な諦観を打破してくれました。
何が素晴らしいって、人物造詣が出色です。

豊臣秀吉が圧倒的な数の論理を背景に北条氏に対して攻勢を仕掛ける。
北条方に属する忍城も他の多くの城と同様に降伏を選択するのですが、
そこには、「のぼう(=でくのぼうの短縮形)様」と呼ばれる風変わりな大将と、
彼を取り巻く、一癖も二癖もある肝の据わった面々がいて。

この登場人物がほんとに魅力的に描かれていて、
誰に感情移入しようかと目移りしてしまうほどです。

主人公1人の描き方が優れている作品は多くありますが、
この作品は主要キャストのほぼ全てが、キャラが立っています。

もちろん、言葉遣いは当時のそれで、
常用外漢字も多くて、確かに読みにくいことは読みにくいのですが、
圧倒的なキャラの存在感と怒涛の展開ににそんな不便を苦痛と感じさせません。

それにしても、当時の人間はほんとに芯が強い人が多くて、
そんな人間を描いた作品だったら面白いに決まっているよなあと、
毛嫌いしていた時代小説への憧憬すら感じさせてくれる一冊です。

2作目、『忍びの城』も最近発売されたばかり。
これもすぐに買って読みます。
[PR]
by Worthy42 | 2008-06-29 12:39 | 一冊入魂(読書記録)

フォーな一日

今週末はとことん遊んでやろうと、
友人が照明イベントをする京都か、
延期していた奈良への小旅行に行こうかと思ったら
ポツポツと雨が降り出してきたので予定変更。

久しぶりに心斎橋のアセンス巡りをした後、アメ村のスタンダードブックスへ。
いやあ、散財してしまいました。

最近、辺見庸の『もの食う人びと』を読んでいて
アジアンフードを食べたい気分だったので、
目の前のアジアンカフェで辛口フォーを食べる。

その後、今月号の『Lマガジン』の巻頭ページで紹介されていた、
最近オープンしたばかりのブックカフェでしばし休憩。

オーナーさんご夫妻と歓談させて頂くと、
店内の本の一部はなんとフランクフルトのブックメッセで買い付けされているとのこと。

今年も10月に行かれるとのことで羨ましいなあと思いつつ、
その時期にドイツに長期滞在していながら、
ブックメッセどころか、オクトーバーフェストにも行っていない
私はいったい何をしていたんだと、ちと悔恨の情が湧く。

それでも、私が『Lマガ』を読んで来店した最初の客だったということを聞いて、
こそばゆい様な、嬉しさが込み上げてきたのでした。

7月にもイベントをされるそうなので遊びに行かせて頂こうっと。
わりと家の近所だし、日曜も開いているので、重宝するだろうなあ。
a0096546_19111935.jpg
NBAファイナルの記事を読んでいたのだが、フォーが辛くてなかなか頭に入らなかった。
[PR]
by Worthy42 | 2008-06-28 19:17 | 情熱と怠惰の断片(日記的)

誤認安堵 Going And …

突然、予定の2倍量の担当になって2週間、
月初に立てていたスケジュールがおじゃん。

プライベートで取り組んでいた課題の最終提出期限も迫っていたので、
早朝、深夜、週末もフルに使って疲労困憊で、
いつもは家では飲まないのに2夜続けて飲んでしまった。

おまけに以前の担当者が訳出していた数ページの箇所と
英文がそっくりそのまま同じだったのでコピペして使っていたら、
チェックの段階でほぼ全文を改稿する必要があることに気付く。

前任者は、分からずに誤訳、というよりは、
難解な分野なのでところどころで詳細に調べるのが嫌になって手を抜いたという感じか。

チェックの段階でこういう修正を発見してしまうのは精神的にきつい。
が、茨木のり子風に言えば、「楽をするな、ばかものよ」ということだな。

ま、その果てには、肝心の締め切り期日が実は昨日じゃなくて、
来週の月曜だったということを昨日の朝知るというオチも付いたのだが。
[PR]
by Worthy42 | 2008-06-28 11:19 | 情熱と怠惰の断片(日記的)

オーヴァ

イタリアがPKで散る。

ということで、私のユーロは一足早く、終わり。
まあ、また、書きます。

ここまで来たら、
決勝は、トルコ-ロシアを見たいね。
[PR]
by Worthy42 | 2008-06-24 22:36 | レパバーンの夜に(サッカー)

ファイナル・サイド・ストーリー(上)

NBAの話題はもうすでに来週のドラフトに移っています。
今年は去年ほど大物がいないようですが、
この辺はさすがにスケジューリングが上手いです。

今年のファイナルは80年代のNBAの象徴だった、
古き良きライバル関係にあったチーム同士の21年ぶりの再戦ということもあって
例年にないほど大きな注目を集めたシリーズでした。

それに拍車を掛けたのが、
低迷していたNBA随一の古豪、ボストン・セルティックスのドラマチックな復活劇でした。

ラリー・バードを旗頭に80年代に栄華を極めたボストンも、
バードが持病の腰痛を悪化させ、その支配力に陰りが見え始めた
80年代終盤から90年代初頭にかけて、衰退の兆候がチラつき始めました。

もっとも、その最初の不吉な兆しが訪れたのは、1986年のこと、
その年のドラフトで1順目2位指名、つまり全体で2番目という高順位で指名した、
スター候補、レン・バイアスがドラフト直後にドラックにより突然、この世を去った事故でした。

私はこの目で見たことはありませんが、
高い運動能力で将来を嘱望されていた選手だったということで、
バードやマクヘイルといったスター世代からバトンを受け継いで
90年代のボストンの歴史を築き上げて行くはずでした。

NBAのドラフトは完全ウェーバー方式で、
チームが強ければ強いほど上位のドラフト選択権は獲得できません。
当時、まだ絶頂期だったボストンが2位の指名権を持っていたのは、
おそらくトレード等で選手と引き換えにドラフト権利を獲得したはず。

それほど苦労して手に入れた上位ドラフト権で指名した選手を
公式戦で1試合もプレイさせることなく、永久に失ってしまった痛手は
計り知れないものだったと思われます。

さらに、ますますボストンを衰退の道へと追い詰めたのが、
87年のドラフトでボストンに入団し、90年代前半のバード引退後には、
キャプテンを引き継ぎ、オールスターにまで選ばれるほど成長した、
当時のエース、レジー・ルイスの93年の突然死でした。

中距離~長距離シュートを得意とし、オーソドックスながら安定感があって、
地味ながら非常に良い選手だなあという印象を抱いていたのを覚えています。

そして、このチームの新しいシンボルを失った痛手は、
その不自然な死に方(麻薬中毒によるものではないかという憶測が浮上)も相まって、
当然ながらバイアスの時とは比べものにならないほどでした。

この2人の前途洋洋たる若手の死により、
ボストンは苦難に満ちた低迷期へと突入して行きます。

そんな暗黒期の救世主になるべくボストンに入団したのが、
今回のファイナルの対戦相手、ロサンゼルスで育ったポール・ピアースでした。

a0096546_22555493.jpg
80年代のボストンの、というよりも、NBAの象徴、ラリー・バード。
a0096546_22574998.jpg
現在のボストンのハート&ソウル、ピアース。この間にバトンが2度、最悪の形で落ちたわけです。
[PR]
by Worthy42 | 2008-06-21 23:07 | バスキチ(NBA)

スイッチ・オン

「毎日書くのだ。(中略)書けるときに書き、書けないときに休むというのではない。
書けない、と思うときにも、机の前に座るのだ。すると、ついさっきまで、
今日は一字も書けない、と思った筈なのに、ほんの少し、
行く手が見えるような気がするから不思議である。
書くことが大切なのではない。机の前に座ることが大切なのである。
机の前に座って、ペンを握り、さア書く、と言う姿勢をとることが大切なのである。
自分をだますことだ。自分は書ける、と思うことだ」


―宇野千代

「書く」を「読む」に、そして、もちろん、「訳す」にして
自らを戒める。
[PR]
by Worthy42 | 2008-06-21 10:04 | 美句妙文礼賛(魅惑の文言集)

Game 6

a0096546_751667.jpg

Boston (4勝2敗) 131-92 Los Angeles (2勝4敗)

運命の第六戦は、前半を終えて「23点」差、
さらに試合終了時には、なんと「39点」もの大差が付く結果となりました。

10年ほど前のファイナルの一戦で
シカゴがユタに30点以上の差を付けて圧勝したのを覚えていますが、
優勝を賭けた一戦ではなかったので、
優勝決定戦となると、史上最大の点差ではなかったかと思います。

これほど差がつくと、
もはや語るべきところは少ないなというのが正直なところです。

レイカーズは、コービが第1クォーターでスリーポイントを連続して3本沈めるなど
11点を連取して爆発する気配を見せましたが、その後、尻すぼみしてしまい(計22点)、
コービの調子と連動するかのように、チームの勢いも停滞していきました。

ボストンの面々では、疲労困憊が明らかだったガーネットが復活。
ゲームハイの26点を挙げ、面目躍如となりました。

アレンは第1クォーターに目の上を切ってロッカールームに運ばれましたが、
すぐさま戻ってきてはスリーポイント7本を沈めるという、
まるで第1戦のピアースの復活劇を思い起こさせる活躍で
試合の流れを決定的なものにしました。

怪我で第4、5戦とプレイ時間が少なかったロンドまでが21得点を挙げましたし、
ボストンとしては第4クォーターは流すだけの消化試合になるほどの圧勝でした。

ファイナルで平均得点を6点近く落としたコービーのコメントが
このファイナルを、そしてボストンの強さを、端的に物語っています。

「セルティックスのディフェンスは
僕が今まで見たプレーオフの中でも最高だった」

古豪復活を果たす実に22年ぶりの、
そして、三本柱を含めたメンバーの大半にとっては初めての
チャンピオン・トロフィーです。

a0096546_7233926.jpg
破顔一笑とはこのことを言うのでしょうか。アレンとピアース。
a0096546_7241045.jpg
この5人から始まったシンデレラストーリー。Big 3 とコーチにGM。
a0096546_7243415.jpg
MVPは生え抜きのピアースの手に。" The Truth"の名に相応しい活躍でした。
[PR]
by Worthy42 | 2008-06-19 07:28 | バスキチ(NBA)

+2

ドイツ イン、
イタリア イン。

録画機器が壊れていたので
帰宅してすぐに食事を取って3時半まで寝たあと
イタリア-フランス戦を生中継で早朝まで見てました。

ま、生で応援したかいはありました。
しかし、なんとまあ、胃がキリキリと痛くなりますね。

決勝トーナメント初戦は、
チェコ亡き後、応援しようと思っていたスペインです。

ピルロとガットゥーゾが出場停止なのは大打撃ですが、
デ・ロッシ、アクイアラーニ、アンブロジーニで行くのかな。
怪我の功名となりますかどうか。
ペロッタも加えたローマ3人衆でイッテまえ!

また、心臓に悪い試合となりそうですが、
トーナメントの一発勝負に強いイタリアの、
そして大事なところで勝負弱さが覗くスペインの、
「伝統」がモノを言うんじゃないかと、結構、期待しています。
[PR]
by Worthy42 | 2008-06-18 23:49 | レパバーンの夜に(サッカー)

時代の寵児

サッカー選手といえば誰を思い浮かべますか?
クリスチアーノ・ロナウド? メッシ? カカ? それとも、F.トーレス?

では、バスケ選手なら?
レブロン? ガーネット? コービ? はたまたアイバーソン?

んじゃ、野球選手では?
イチロー? A.ロッド? ジーター? いやいや、金本(笑)?

要は、そのスポーツの代表的な選手の名前を挙げろといわれても
十人十色なのが普通なのです。(まあ、チームスポーツか否かの違いはあるが)。


さて、では、本題です。「ゴルファー」といえば?

私は、ここに、マイケル・ジョーダンと並ぶ、
タイガー・ウッズの偉大さがあると思うのです。

もちろん、痛みとライバルの両方に打ち克った今回の奇跡としかいいようのない復活劇に、
これまでにないくらい胸が震えたせいもあるのですが。

4大メジャー大会の展望が須らくタイガー・ウッズという
1人のゴルファーを通してまず語られるというこの現状が、
21世紀最初の傑出したスーパースターの存在の大きさを物語っています。

ちなみに先日発表された、
「世界で最も影響力のあるセレブランキング」、2位だと。

32歳にしてトリプル(3度目の)・グランドスラム。
もはや、ジョーダンの域を超えつつある、そう思わないでもないです。

デビッド・ハルバースタムが紡いだマイケル・ジョーダンの人物伝、
『プレイング・フォー・キープス』を読んだことはありますが、
ハルバースタムが斬るタイガー・ウッズのノンフィクションも
是非、一度読んでみたかったなあ、とつくづく思うのでした。

a0096546_22264772.jpg

勝つということがどういうことなのか、この雄叫びが物語っているような気がします。
[PR]
by Worthy42 | 2008-06-17 22:36 | ひとときの残滓(スポーツ)

Game 5

Los Angeles (2勝3敗) 103-98 (3勝2敗) Boston

最終クォーターの残り30秒台まで2点差の激戦でしたが、
レイカーズにとっては今シリーズ中でもっとも理想的な勝ち方ではなかったでしょうか。

その理由は2つ。
①100点に達したこと。
②バランスのいい攻撃に終止したこと。

共に絡み合っていますが、ポイントは②です。

オドムがファイナル初の20点オーバー(20点)。ガソルも19得点。
コービが25点に終わったものの、2人がこれだけ点を稼げば、
コービの負担は軽減されたはずです。

この傾向が続くようであれば、レイカーズにも勝機が見えてきます。

試合は、第4戦のデジャ・ヴかと見紛うほどのレイカーズの好スタートで
第1クォーター終了時には19点の大量リード。

が、第2クォーターにはボストンの猛攻に遭い、貯金はフイになりますが、
第3クォーターで再び突き放します。

しかし、三度ボストンが攻勢に転じ、1ゴール差まで迫るものの
第4戦とは異なり、何とか逆転されることなく逃げ切りました。

ボストンは早々と王手をかけてホッとしたせいか、
懸念していた通り、ゲームの間中、寝ているようでした。

アウェイ3戦目なので敗戦はしょうがないかもしれませんが、
ギリギリまで追い上げたとはいえ、負け方が酷すぎました。

ピアースが爆発して(38得点)、何とか試合を作りましたが、
2戦連続で第1クォーターから大量リードを奪われるというのは、
リーグ一位のディフェンスチームとしては「怠慢」以外の何物でもありません。

気の緩みは如何ともしがたく、勝負どころでもミスが出てしまう始末。

今から戦う姿勢を取り戻せるかどうかはコーチの手腕にかかってきますが、
10年以上待たされ続けていた栄光を掴みとる寸前まで来て、
あとわずか48分を戦えないというのは情けないというより、むしろ哀しすぎます。

こういうケースは追い上げる方が勢いがあるものです。
リードしているボストンが第6戦を落とせば、完全にイーブン。

そんな状況ではホームもアウェイも、シーズンの戦績も関係ありません。
「どれだけ勝ちたいのか」が、問われます。

ボストンが優勝するなら第6戦で決めなければなりません。
第7戦に縺れれば、何事も起こりえるでしょう。

運命の第6戦は、明日、ボストンでティップオフです。
[PR]
by Worthy42 | 2008-06-17 21:44 | バスキチ(NBA)