<   2008年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今週の読了帳(11・24~11・29)

a0096546_1334471.jpg

悩んだ末にプライベートの手帳を「高橋」のNo.89にした。
ここ5年くらいで初めてのMoleskine 以外の手帳(仕事用はMoleskineだけど)。
手帳通にして文房具通の趣味人の知り合いには
「オフ用には地味すぎるし、無駄な機能が多い。心もウキウキしないよ」と言われたが、
無性にスタイルを崩してみたくなったので、思い切って代えてみた。

ところで、日本版の「月刊PLAYBOY」が今月号で終刊。
好きなライターのインタビュー記事があれば、好きな作家の葉巻講座もあるし、
何より読みごたえのある記事が盛り沢山の希少なエンタメ系月刊誌だったので、
来月からもう読めないとはなんとも残念。
こういう雑誌が読まれなくなってしまった現状が、なんとも寂しい。


さて、読みたい本が続々と出てきて、年末年始に何を読もうかと困っている。

沢木耕太郎の新刊『旅する力―深夜特急ノート 』は、
『深夜特急』で書かれなかった話などが満載の旅文章の総決算らしく、
沢木と同じ26歳で会社を辞めて海外を放浪した私にとっては外せない一冊。

篠田節子の『弥勒』、ナンシー・ヒューストンの『時のかさなり』も読んでみたいし、
買おう買おうと思ったままになっていた佐藤亜紀の『ミノタウロス』、
女性が主人公のノワール小説の傑作らしい『暗黒街の女』も気になってしょうがない。

こんな悩みなら大歓迎ではありますが。

<今週の読了本>
・『制裁』(アンデシュ・ルースルンド、ベリエ・ヘルストレム)
評価:☆☆☆☆

グラスニッケル賞最優秀北欧犯罪小説賞受賞作。初の北欧作家の作品。
少女ばかりを狙った猟奇的な強姦殺人魔が移送中に脱走し、
社会を恐怖と混乱に陥れるなか、事態は最悪な結末を迎えつつ・・・。

性犯罪者はどの国のどの刑務所でももっとも蔑まれる存在である一方で、
それにもかかわらず、更生が難しいと言われているのもまた事実。
そんな病的な犯罪者の毒牙にかかった少女の死がまた別の死と憎悪を生み出す
悲劇の悪循環には、活字なれど目を覆わずにはいられなかった。

章の構成がなんとなく馴染みないスタイルで慣れるまで読みにくいのはご愛嬌。
ストーリは直球で、展開はすぐにピンと来るが最後まで読ませるし、考えさせられる。
著者の一人はかつての服役囚だとか。なるほど、刑務所内の詳細な設定はそれでか。

・『無頼の掟』(ジェイムズ・カルロス・ブレイク)
評価:☆☆☆☆

愉快な叔父2人と嬉々として悪事に手を染めるソニーはある失敗で刑務所に送られる。
何とか脱走して再び銀行強盗に明け暮れる日々を過ごしているソニーに、
息子を殺されて復讐を誓う鬼畜刑事ボーンズの魔の手がすぐそこまで迫ってきて…。

この著者は私的には2008年の最大の発見の1人。
『荒ぶる血』が傑作だったのでこれも読んだのだが、正解だった。

なんといっても、描かれている人物の個性が生き生きと際立っていて、とても魅力的。
ソニーと叔父たちとの悪党なりの厚い信頼関係にも絆されるが、
この作品の真骨頂は、無法者たちの下世話で悪趣味な下卑た会話のオンパレード。
知性や品性の欠片もないが、拍手喝采をしたいほどハンパなく面白くて、くだらない。

1930年代の犯罪ピカレスクロマンで褒められた人物は一人も登場しないし、
道徳的には不健全な、圧倒的な悪者たちのストーリーであるのだが、
読む者の血を滾らせてくれるパワフルな一冊。


<Now on Reading>
・『日本語の作文技術』(本多勝一)
・『ブラックジュース』(マーゴ ラナガン)
[PR]
by worthy42 | 2008-11-30 01:39 | 一冊入魂(読書記録)

Surprise + Jinx = ?

ESPNのライターが優勝の可能性のあるチームを6つに絞っている。
本命は、クリーブランド、ボストン、ロサンゼルス、
対抗に、ニューオリンズ、ユタ、サンアントニオ。

私はシーズン前の予想でクリーブランドとユタの代わりにデトロイトを推したが、
この一月の戦いぶりだけをみると、少なくともニューオリンズは外したくなる。

ライターは本命の3チームが65勝以上するかもとか言っているが、それはないと思う。
ロサンゼルス(もしかしたらボストンも)は可能性大だが。


開幕して15試合前後、優勝に手の届きそうなチームの中で、
いい意味で最も期待を裏切ったのは、サンアントニオ。

開幕からジノビリ、4試合目からパーカーと、3本柱の2人を故障で失ってから(1勝4敗)、
残されたエースのダンカンと、「え?誰?」なその他の選手たちで、なんと8勝2敗。
勝率5割復帰は3人揃ってからだろうなんていう識者もいたのだから驚きだ。

ロジャー・メイソン、ジョージ・ヒルという名のB級選手2人が2桁の平均得点をマークし、
バリー&オーリーがいた昨季よりも数字の上では控えの層が厚くなっている。
こういった追い詰められた状況でのやりくりの上手さが、
ここ10年で4度の優勝に導いた名将、ポポビッチのスゴイところ。

孤軍奮闘せざるをえなかったダンカンも、結果としてここ数年で最高の出足。
最近の数シーズンは攻撃の第一オプションをジノビリとパーカーに譲った感があったが、
依然としてリーグ一のPFであることを誇示するかのような活躍で衰えが全く見られない。

ちなみに、ダンカン(ガーネットもそうだが)のプレイを見ていると、
いかに基本的なプレイが大事なのかをいつも痛感する。
ポストアップ時の左右へのターンアラウンドシュートといった、
日本の中学生でもやりそうな基本的なスキルを徹底的に磨く「だけ」で、
NBAでもトップレベルで食っていける、良い見本だ。

最新の試合では、ジノビリがついに今季初出場、パーカーも復帰し、3本柱が揃い踏み。
シーズン中にロサンゼルスに追いつく可能性は小さそうだが、
2000年代の奇数年に優勝をしているジンクス(03、05、07)もあって、
今季(09)のサンアントニオには、やはり何かを起こしそうな匂いがする。
a0096546_23301819.jpg
今季初お目見えの3人衆(パーカー、ジノビリ、ダンカン)。この3人で優勝リング10個。
a0096546_23495570.jpg
今週の一枚。豪快なダンクを見るのって一種のストレス発散だったりする。
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
[PR]
by worthy42 | 2008-11-29 23:47 | バスキチ(NBA)

Rookie Sensation

開幕して早1ヶ月弱。
今季の構図が早くも透けて見えてきた。

東西を独走するのは下馬評通り、昨季のファイナル進出チーム。
チャンプのボストンは、ガーネットがやや不調ながら12勝2敗。
今季はBig3の出場時間を減らしつつ、控え層の底上げを狙っているよう。

ロサンゼルスは相変わらず破壊的な強さを見せつけている(10勝1敗)。
平均得失点差がリーグ唯一の2桁(13点)で、ダントツの1位。
ビルアップス加入後絶好調のデンバー(加入後7勝1敗)も一蹴。
コービの得点は4点近くダウンしているにもかかわらず、これである。
来月に控えているロード3連戦、4連戦が最初の試金石になりそう。
ちなみにファイナルの再戦となる今季最初の両チームの対戦はクリスマス。

その他、目立ったチームと言えば、やはり上述したデンバーか。
ビルアップス加入でまるで別のチームに変化し、
地区タイトルを狙う有力なコンテンダーになった。

一方、そのビルアップスと交換でアイバーソンを加えたデトロイトも好調(8勝4敗)。
因縁のライバル、ボストンには大敗したが、ロサンゼルスに初めての土をつけたほか、
クリーブランドの8連勝を止めたのもこのチームだった。

当のクリーブランドも一皮むけた印象が(8連勝含む9勝3敗)。
レブロン・ジェームズの得点王はこの段階でもはや当確。
ジョーダンもコービも上回る史上最速の勢いで得点を積み重ねているが、
実はまだ5年目、23歳。改めて考えれば、とてつもない選手だと実感する。

開幕6連勝と突っ走ったアトランタは、その後4連敗、そして2連勝。
怪我人も出だして、やはりというか、やや後退気味。

奇跡の出足を見せたニューヨークは、チーム内の得点王2人を放出するトレードを敢行。
代わりに獲得したのは、どう考えても主力というよりかはロートル並の選手ばかり。
2010年にフリーエージェントになる大物(レブロン等)を獲得するために
契約年数の少ない選手をかき集めて、サラリーキャップに空きを作ろうとしたもの。
結構フィットしていた選手もいて好調だったにもかかわらず、早くも今季を捨てた模様。

そうそう、最下位のオクラホマが(1勝12敗)、コーチのP.J.カーリシモをようやく解任。
そもそもコーチ就任自体が間違いだったので、何の驚きもない。
昨季も20勝62敗と散々で、カーリシモ政権下で通算21勝74敗。だから言ったのに

最後に、まだ早すぎるのは承知だが、今季のルーキーは素晴らしい。
ルーキーランキングを見ても一目瞭然だが、これほど粒揃いのクラスも珍しい。
完全にチームの主力と化したローズ、メヨ、ビーズリーの上位3位指名選手をはじめ、
他の6選手が2桁の平均得点を挙げ、チームに大きな貢献をしている。
なかには、ドラフト外のポッと出た新人が驚異の37点を挙げるなんてのも。
ちなみに、話題の新人、オーデンも開幕戦の怪我から復帰して10位にランク。
出場時間の割には、イイ活躍を見せている(規定に達せずも、ブロックはリーグ2位)。

ジェームズ、ウェイド、アンソニーという3人の北京五輪代表を輩出した、
2003年ドラフト以来の当たり年になるかもしれない。

a0096546_1116235.jpg
延長戦残り2秒、同点、サイドからのパスをそのままバックアリウープ。一種の芸術。

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
[PR]
by worthy42 | 2008-11-23 11:08 | バスキチ(NBA)

今週の読了帳(11・17~11・23)

先日、トレンチコートを買いに行ったら、
Lサイズなのに前のボタンが止まらず、LLサイズを取り寄せる羽目に。
数年前まで服のサイズはMだったのに。学生時代なんてSを着ることだってあったのに。
もともと細身だからしょうがないのさ、と自分を慰める日々です。

さて、風邪がなかなか完治せず、体の節々にもどんよりした痛みが出てきて、
ほんとにただの風邪なのかと疑ってしまうのは、この季節のもはや「風物詩」的行事。
休日もなるべく外出しないように健康管理がファーストプライオリティになっています。

そんななか、フランス語を勉強している同僚から
「語学関連本って選んで買うのがムッチャ楽しいよね。すぐには読めへんけど」と言われ、
わが意を得たりと、激しく同意しました。

メディアの書評を読んで、ブログをチェックして、さらにアマゾンのレビューで確かめて、
語学本を吟味するのは、他の本を選ぶよりもどういうわけか楽しいのです。

で、今チェックしているのは、
・『英文法がはじめからわかる本』
・『必携ドイツ文法総まとめ』
・『早引き類語連想辞典』

購入するかどうかはまだじっくりと考えながら決めるとします。

<今週の読了帳>
・『20世紀の幽霊たち』(ジョー・ヒル)
評価:☆☆☆☆

<Now on Reading>
・『日本語の作文技術』(本多勝一)
・『制裁』(アンデシュ・ルースルンド、ベリエ・ヘルストレム)
[PR]
by worthy42 | 2008-11-23 09:48 | 一冊入魂(読書記録)

Familiar and Unfamiliar

序盤の話題をさらったのはイーストのアトランタ。
昨季ギリギリでプレイオフに滑り込んだチームがまさかの開幕6連勝。
プレイオフでボストン相手にあわや世紀の大波乱を
連想させた頃の勢いのまま、新シーズンも連勝街道をひた走った。

そのアトランタを止めたのは、チャンプ、ボストン。
昨季プレイオフの再戦、試合の大半を終始コントロールされたが、
残り1秒に昨季ファイナルMVP、ピアースのシュートで逆転。
チャンピオンの意地を見せて、アトランタの連勝を止めた。

そのボストンの連勝を7でを止めたのは、
デトロイトからビルアップスを獲得したデンバー。
ビルアップスの加入で安定感と勝負どころでの強かさが加わり、
まるで別のチームに変身。これで加入後は4勝1敗。

リーグの話題を独占したのは開幕7連勝と圧倒的な強さを見せるロサンゼルス。
今季はディフェンスが大幅に改善され、1試合平均失点は89点(リーグ2位)。
バイナムの復帰で、これまでのところボストン並の強力なディフェンスを見せている。

そのロサンゼルスに初めて土をつけたのは、アイバーソンを加えたデトロイト。
アウェイにもかかわらず、終始試合をリードして完勝。
アイバーソンが意外にすんなりと新チームに馴染みつつあって、
やはり今季もチャンピオンコンテンダーの有力チームであることに変わりはない。

序盤のサプライズはニューヨークの復活(?)と、ダラスの凋落。
誰も彼もから見放されたニューヨークが、なんとここまで6勝3敗。
まだまだ先は長いが、新コーチ、ダントーニは救世主となりつつある。

一方、昨季、大ベテランのキッドを獲得するというギャンブルに出たダラスが
5連敗を喫するなど、現在のところ2勝7敗と元気がない。
キッドとの交換で放出した若手のハリスが移籍先で大ブレイク中で、
昨季のトレードは完全に失敗した感が強い。

サンアントニオもここまでよもやの3勝5敗だが、
ジノビリに続き、司令塔のパーカーまで故障で失ったのでやむを得ないか。
が、来月中旬には2人とも復帰する予定なので、その後の大攻勢に期待。

ちなみにSports Illustrated のファイナル予想カードは、ボストンvsサンアントニオ。
そして、優勝チームはサンアントニオ、だそうである。
[PR]
by worthy42 | 2008-11-16 23:02 | バスキチ(NBA)

今週の読了帳(11・09~11・16)

先月の話だが、Sports Illustrated のNBA Preview 号を買い損ねた。
日本発売は米国発売の1週間後だと思いこんでいたせいで、
書店を回って探した頃にはすでに在庫がなかった。
というのも洋雑誌は新号入荷と同時に前号を返品するそうで、
私がウキウキと心待ちにしている間に返品されていた模様。

図書館で借りてきたので読む分には問題はないが、
シーズン開幕号とファイナル特集号はもはやコレクションと化しているので、
その1冊を買い損ねるとは、残念無念なり。


さて、先日、筑紫哲也さんが亡くなった。
10代、20代と平日午後10時からは久米宏のニュースステーションを、
午後11時からは筑紫さんのニュース23を見て育った世代なので、
これで文字通り一つの時代が終わったなという気がする。
『メディアの権力』(ハルバースタム著、筑紫哲也他訳)でも読もうかな。

ちなみにいつの頃からかゴールデンタイムにはNHKでニュースを見るようになった。
幼い頃に両親が夜の7時になると必ずNHKのニュースを見ていた理由が、
今ではなんとなく分かってきた。


<今週の読了帳>
・『英語の発想』(安西徹雄)
評価:☆☆☆☆

<Now on Reading>
・『20世紀の幽霊たち』(ジョー・ヒル)
・『日本語の作文技術』(本多勝一)
[PR]
by worthy42 | 2008-11-16 20:51 | 一冊入魂(読書記録)

今週の読了帳(11・02~11・08)

オバマが当選した翌日に、購読していない新聞も含めて3紙読み漁りました。
アメリカでは大統領選翌日の新聞が売り切れ続出だそうで、
んなもん、ネットで記事読めるじゃないかという気もするのですが、
やはり、輪転機で印字された紙の魅力には抗しがたい時があります。


さて、書評ブックジプシーのほうにアマゾンのくるくるウィジェットを貼付しました。
書評自体は更新していませんので、あしからず、ですが・・・。

今年に入ってこれまでに読了した本は全部で71冊(雑誌類は除く)。

もともと速読するタイプではないんですが、
怒涛のように読み進めることができたかと思えば、
ここ数週間のように遅遅として読むスピードがあがらない日々もあって
思っていたほど読めていないなというのが正直なところです。

計画していた年間100冊読了はどうやら無理のようですが、
少しでも多くの本を楽しんで読めるようにしたいなと思う今日この頃です。

<Now on Reading>
・『20世紀の幽霊たち』(ジョー・ヒル)
・『英語の発想』(安西徹雄)
[PR]
by worthy42 | 2008-11-08 21:58 | 一冊入魂(読書記録)

The Moment

Right time, right there.

世界を震撼させた20世紀の衝撃写真
元ネタの英語版はこちら→Images that changed The World
[PR]
by worthy42 | 2008-11-08 20:06 | 踊らない愚者(ニュース感想等)

So far, So good

これまでのところ、全勝は東西ともに2チームずつ。
東ではアイバーソンを獲得したデトロイト、昨季8位のアトランタ。
西は盤石の強さを見せるロサンゼルスとウィリアムズを欠いたユタ。

昨季開幕から怒涛の強さを見せつけたチャンプ、ボストンは、
3戦目のインディアナに完敗。が、その後は持ち直して4勝1敗。

ロサンゼルスは言うことなし。アトランタも予想以上。
デトロイトはスタッキーが期待通りだが、
アイバーソンが加入してどう変化するかのかが見もの。

ユタはウィリアムズの控えとして獲得したナイトが嬉しい誤算。
かつてはパスを捌くタイプのPGとしてリーグ屈指だった男。
10得点、8アシストくらいはコンスタントに期待できそうだし、それで十分。

秋の珍事は、サンアントニオの開幕3連敗。30数年ぶりだとか。
興味深いのは、この敗れた3試合でエースのダンカンと司令塔のパーカーが、
ともに平均26得点という非常に優れた成績を残していること。
主軸の両輪がこれ以上ないほど良く噛み合っているのに、勝てない。

続く4戦目、ダンカンが30点、パーカーに至っては自己最高の55点を挙げた。
にもかかわらず、弱小ミネソタになんとか延長に持ち込んでの逆転勝ち。
三本柱の最後の一人にして、キーマンのジノビリの欠場が大きく響いているが、
ジノビリが復帰しても、はたしてそうすんなりかつてのトップチームに戻れるのか。

意外といえば、新コーチの就任で別路線を歩みつつあるフェニックス。
新加入のバーンズをスタメンに、ヒルを控えに回した新布陣が奏功。
アウェイでサンアントニオを破った開幕戦をはじめ、
4勝1敗のスタートダッシュは望外の出来。
昨季に比べオフェンスのテンポを遅らせた結果、
平均失点がこのチームにしては驚きの98点。やればできるのね。

さて、今季のルーキーはなかなか健闘中
2003年以来の豊作というのは早いけれど、平均13点以上が6人というのは立派。
今季のドラフト1位~3位は順調に成長していけば、前評判通りスターの道を歩みそう。
[PR]
by worthy42 | 2008-11-08 00:28 | バスキチ(NBA)

Yes, we can. Yes, we did.

a0096546_21301885.jpg
"Racial Barrier Falls" "Change has come"

踊る見出し。

ただ、大統領にせよ、総理大臣にせよ、政治家の長は就任時が華。
あとはマスコミに監視され、叩かれ、支持率は落ちる一方。
課題も山積で、船出はブッシュの時よりはるかに厳しく、
期待が大きいだけにいったん失望に転ずると、
ダムの堰を切ったように国民の不満は溢れだすだろう。

それでも、いつもは政治に参画しない若者を投票所に向かわせただけでなく、
人種の壁を(多少は)越えて、再度、政治に希望を抱かせた功績は大きい。

昨今の金融危機さえ、オバマを際立たせるだけの
「必要悪」としての神風だったのではないか、そんな風にさえ考えてしまう。

大統領としての器かどうかはすぐに試される。
もしかすると、あのときマケインが選ばれておけばと、
世界中の人々は数年後には回顧するのかもしれない。


それでも、今の彼の国の政治的熱狂が、うらやましい。
[PR]
by worthy42 | 2008-11-05 21:31 | 踊らない愚者(ニュース感想等)