「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

シルバーウィーク前後の読了帳(09・14~09・27)

そんなに時間をとったつもりはないのだが、移動が多かったせいか、意外と読んだ。
ちなみに、私は旅そのものよりも、旅の途中の移動の時間の方が好きだ。
移動中は格好の読書の時間なので、この時間帯は同行者がいても、一心不乱に読む。
ほぼ無言になる。諍いが起きても無言になるのだが。


・『やつらを高く吊せ』(馳星周)
評価:☆☆☆☆

馳ファンとしては、これは馳の中ではラノベ(ライトノベル)ではないかと思うほど、サクっと読める。
ただし、人によっては吐き気を催すほどドギツイ表現や隠語のオンパレードで、
おいそれと手を出すのはやめておいた方がいいと、思わず忠告したくなるほど、
ハードコアポルノな描写が満載。

かいつまんで話せば、セックス中毒の淫乱女子高生に振り回され、
血も涙もない金貸しにいいように使われるスキャンダルハンターが、
魑魅魍魎が跋扈する政界と財界の大物たちの裏情報を探るうちに窮地に陥って―――。

モラルも正義も自由もない、欲望で脳を侵された自堕落で自業自得な男の物語なのだが、
どことなくからっとしたポップ感(もちろん、馳にしてはの意味で)が漂っているので、
読後感の後味は悪くない(くどいようだが、馳にしてはの意味で)。


・『清掃魔』(ポール・クリーヴ)
評価:☆☆☆

連続快楽殺人者が主人公という、あまりお目にかからないストーリー。
知的障害者のふりをして快楽殺人を続けるという、共感の欠片も抱けない男が、
自分のコピーキャットを追跡するという話なのだが、これまた何の感慨ももたらさない。

ただ、作中、一か所だけ、男として痛切に「痛み」を共有せざるを得ないシーンがある。
が、それだけ。「2007年ドイツ・アマゾンで最も売れたスリラー」の惹句が泣く。


・『庵堂三兄弟の聖職』(真藤順丈)
評価:☆☆☆☆

遺体を加工して製品を作り出す「遺工」を家業とする、とある三兄弟の話なのだが、
途中までは「第15回日本ホラー小説大賞大賞受賞作」であることを全く忘れる内容。

が、後半のスプラッター色濃い展開に、ページを捲る手を思わず止める。
人間が触れるのを躊躇われる「禁忌」な分野を扱う話なので、
身近な人の死に思いを巡らせてしまい、最後までおぞましさに似た嫌な感情がどうしても抜けない。
個人的嗜好としては、ゾンビ映画の方が断然とっつきやすい。

ただ、中盤以降、徐々に怒涛の展開が押し寄せ、なかなか読ませる。
「日本ホラー小説大賞大賞受賞作」という看板に偽りはない。


・『地獄のハイウェイ』(ロジャー・ゼラズニイ)
評価:☆☆☆

核戦争後の荒廃したアメリカをカリフォルニアからボストンまでペスト血清を届ける羽目になった、
荒くれ者で元極悪人ライダーの大陸横断SF記。

1967年度のヒューゴー賞受賞作だが、訳がどうにもこうにも古臭くて馴染めず。新訳を望む。


・『スクープ』(落合信彦)
・『男たちの伝説』(落合信彦)
評価:☆☆☆☆(ともに)

かなり久しぶりの落合信彦。
全巻コンプリートを目指した時期もあったが、近年は自己啓発本が多くてご無沙汰していた。

相変わらずのスケールの大きさ。骨太な登場人物たち。国際ジャーナリストならではの豊富な情報量。
そして、情報を基に20年前に作中のような国家的な謀略を描くという先見の明。
どれをとっても心から感心する。

今の国際政治をどうとらえているのか、どういう変遷をたどると考えているのか、
一流の国際ジャーナリストとしてのお考えを拝聴してみたい。


<ただいま読書中>
・『THE ROAD』(Cormac McCarthy)
・『ベストアンドブライテスト(上) 栄光と興奮に憑かれて』(デイヴィッド・ハルバースタム)
[PR]
by worthy42 | 2009-09-28 01:09 | 一冊入魂(読書記録)

リアリティ&バイタリティ

最近の脳内キーワード。

パーマ、身内結婚式、中州豪遊、「呑めずは損、呑まずは罪」、マカレナ・オリベラ、弁当メンズ、
3日で8度の着信、ジャスティン・エナン・アーデン、英検1級、独検準1級、記者クラブ廃止、
ジョギング、クロスバイク(ルイガノ)、楽天イーグルス、落合信彦、ナロータイ、ドイツ総選挙、
チャールズ・マンソン、讃岐うどん、Superfly、秋、メガネ、来る日も靴紐、滝川クリステル、山縣苑子、
ケビン・ラッド(順不同)


「あたしって不細工やーん。エーン」という夜蝶嬢の見え透いたメールは、可愛らしい。
数年ぶりに新しい携帯を購入した興奮で絵文字を乱用する同僚のメールは、微笑ましい。

「〇〇子から返信メールが来ないんだけど」と何度も訴えかけてくる電話は、正直、シンドイ。


昔はお酒を飲むことがとても大切な仕事だったんだけど、
仕事におけるお酒を飲む必然性・有用性が皆無になってからは忘れていた、
「酒の縁」の重要性を再度実感した次第。

酒を飲もうが、呑まれようが、酒(席)はビジネスツールの1つだという教えを思い出した。
[PR]
by worthy42 | 2009-09-27 19:19 | 情熱と怠惰の断片(日記的)

THE CHILL

街中を自転車で移動中に、突然の大雨に祟られた土曜日。

ここ十年で一番のずぶ濡れで、上下ともに服からは水がこれでもかと滴る。
次第に寒気を感じてきたので、さすがにまずいと思い、
急遽、近くにあった馴染みのジャズバーに駆け込む。

「雨宿りでしょ」と言いつつ、面倒がることなくタオルを貸してくれた友人に感謝。
酷い寒気に苛まされつつも、脳の片隅で浅川マキの歌声に耽溺する。
昼ではなく夜に、チャイではなくウィスキーで、喉を潤しながら聴くべき曲だが、
昼下がりとはいえ、薄暗い店内で聴くのは悪くなかった。

a0096546_2005682.jpg
粋な足袋を履いていたのだが、如何せん暗い。


来週末に京都での浅川マキのライブに誘われたのだが、
すでに用事で埋まっているので残念ながら固辞。

その後、雨が小雨になるまで数時間も長居してようやく店を後にしたのだが、
あまりの寒さに我慢できずに、すぐにもう一軒の行きつけのカフェに立ち寄りラムミルクで体を温める。
だが、どうにもこうにも寒気が治まらない。結局、その日の予定をキャンセルすることに。

ロス・マクドナルドの『さむけ』を読んでみたいなあと、
熱に魘された頭でぼんやりと思いながら夜が更けていく。
[PR]
by worthy42 | 2009-09-13 20:18 | 情熱と怠惰の断片(日記的)

今週の読了帳(09・07~09・13)

とりあえず、来週末からの休暇中に読む本を決定。
移動と就寝の際に読むのが主になる。

テーマは特になし。
あえて言えば、しっとりとした読後感より、毒があって刺激が強そうな作品を選択。

・『やつらを高く吊せ』(馳星周)
・『清掃魔』(ポール・クリーヴ)
・『庵堂三兄弟の聖職』(真藤順丈)
・『フィーヴァードリーム (上・下)』(ジョージ・R・R・マーティン)
・『地獄のハイウェイ』(ロジャー・ゼラズニイ)

<今週の読了帳>
・『惨影』(マイケル・マーシャル)
評価:☆☆☆☆

前作『孤影』から随分と時間が経って待ち遠しく思っていたせいか、
予想以上に作品にのめり込んでしまった。

謎の殺戮組織「ストローマン」のとの死闘に巻き込まれて傷を負った、
元CIAのウォード、FBIのニーナ、行方知れずの元ロス市警のジョン。

しかし、前回逮捕したはずのストローマンの幹部が移送中に脱走し、
富裕層の若者らを集めて大規模な殺戮計画を画策する。

とある猟奇事件を契機に、ストローマンと三度対峙することになった3人は、
有史以来の底知れない闇に覆われた暗部を知ることになって・・・


この作品が異様な緊張感をはらんでいるのは、一種の復讐劇だからだろうか。
愛する者の命を奪われた人々が、どれほど復讐の炎を滾らせ続けることができるのか、
その炎は、結局、どこに(誰に)襲い掛かり燃やし尽くすのか、
孤独に身を窶してもなお哀しい復讐から抜け出せない人々の結末から目を離せないのだ。

作中、登場人物のの独白シーンが織り込まれているのだが、
なかなか味が出て興味深い。

通りの向かいの深夜営業の薬局で買ったアスピリンを貪り、何度もトイレで顔を洗ったが、
回復は最小限で効果も短かった。結局はぼうっとしたまま、
人生がずっとこんな調子じゃありませんようにと祈るしかない。
つまり、どっかのバーに座って、疲れた顔で、
誰かがおれを殺しに来ようとしてるんじゃないかと考え続ける人生だ。


猜疑心が厄介なのは、際限がないところだ。人と人とのつながりといった根本的な部分を
疑いはじめると、何も信じられなくなる。イラクの虐待の写真が衝撃的だったのは、
そこに写っていた行為そのもののせいではない。ベトナムでの残虐行為はさんざん記録されているし、
第二次世界大戦の捕虜収容所のこともよく知られている。中世には首を串刺しにしたり、
アジャンクールで騎士を焼き殺したりしたという話もある。ポエニ戦争ではローマ人とカルタゴ人が、
互いに相違を凝らした残虐行為を繰り返している。そういう行為は戦争にはつきものだ。
戦争は残虐なのだ。純粋にして単純。そうでないふりができるのは、貪欲さや、国家主義や、信仰心
という隠れ蓑があるからにすぎない。写真が衝撃的なのは、撮影という行為そのもののせいだ。
人々がそういう出来事を記録しようとし、ほかの人々もそれを見たがるはずだと考えたという、
その認識に衝撃を受けるのだ。犠牲者の写真や髪の一房を取っておく殺人鬼と、
どれほどの違いがあるというのか?



<ただいま読書中>
・『やつらを高く吊せ』(馳星周)
・『THE ROAD』(Cormac McCarthy)
・『ベストアンドブライテスト(上) 栄光と興奮に憑かれて』(デイヴィッド・ハルバースタム)
[PR]
by worthy42 | 2009-09-13 12:17 | 一冊入魂(読書記録)

共感と失望と

久方ぶりに仕事も学校も予定もない週末。
午前中にすべきことが長引いたので午後の用事を一部変更して、
今月末の結婚式用にスーツを新調に行く。

タイをシルバーにするかどうか悩んでいる私に
「蝶ネクタイはどうですか」と勧めてくる、愛嬌のある小太りな店員と話していると、
ふと、彼の鼻の頭にニキビがあることに気付く。

実は、私もちょうど同じところに少しだけニキビができているので、
2人そろってトナカイ、もしくは、ピノキオという構図に凄まじく共感を抱いてしまい、
スーツの選択もそそくさと済ませてあれやこれや四方山話に興じてしまった。


オランダ―日本の親善試合。

(経済紙なのに)2人の抜群に優秀なサッカー記者を擁する日経が
本質を突く表現で日本代表を言い当てていた。

「小オランダ」

後半は大丈夫なのかという不安を感じつつも、確かに前半の日本は賞賛すべき内容で、
シュート以外はまさに「小オランダ」。言い得て妙だったと思う。

小気味のいいパス回しと前線からの執拗なプレスは目を見張るほどで、
その驚きゆえに、率直にいえば、ここ数年で一番テレビに齧りついてサッカーを観た。

が、オランダの監督や選手が話していたように、
ゴールの予感は不思議なほどに、残念なほどに、皆無だった。

酷評されたFW陣が、たとえ期待の森本や大久保に代わったとしても、
その雰囲気はきっと変わらなかったはず(個人的には2人+前田には期待しているのだが)。

特に、雨が降り出し、コンディションが悪化した後半は、
両国のすべてにおける差がピッチ上に残酷なまでに表れてしまった。

パス、トラップ、ドリブル、シュート。
基本的なスキルで、なぜこれほど違いが出るのか不思議でならない。

仮に、あの積極的で大胆なプレスを90分間続けられる体力があったとしても、
健闘の部類に入るか否か、程度の敗戦すら免れないだろう。

総じて言えば、オランダクラスの相手に勝てる可能性は限りなくゼロに近い。

もう一つ、気になることは、この試合はあくまで親善試合で、
W杯の予選リーグ(または決勝トーナメント)で対戦する際とは状況が大きく異なること。

日本が勝利以外では敗退が決定する試合でアルゼンチンに対峙する場合、
逆に、スペインが勝利以外で予選敗退と追い込まれた試合で日本と戦う場合。
そんな状況下でも臆することなく戦える準備ができているのか甚だ不安で、
相手によってではなく、さまざまな状況にも柔軟に合わせる戦い方の選択肢が、
まだオランダクラスに対しては少ない、というかほとんどない。

ベスト4という高い目標を抱えながら(抱えているのだからこそ)、本選を見据えず、
強豪との一戦をただの独立した、貯金も借金もないなかで始まる一戦としか考えていない
戦い方に明け暮れる指揮官と選手たちには、なんというか、不安よりも、失望、した。

結局、観戦後の煮え切らない気持ちはいつもと同じだった。
[PR]
by worthy42 | 2009-09-06 21:24 | 情熱と怠惰の断片(日記的)

今週の読了帳(08・30~09・06)

読書の秋。

またもや衝動的に一冊を購入。
購入したのは、『死影』、『孤影』に続く三部シリーズの完結作『惨影』(マイケル・マーシャル)。

謎の殺戮組織“ストローマン”との死闘に巻き込まれ、
身も心も傷ついた元CIAのウォード、FBIのニーナ、元刑事のザントの3人。
が、前作で捕えた組織幹部が脱走。三度、組織と対峙することになる・・・。

で、追加。

・『戦争の法』、『モンティニーの狼男爵』、
 『外人術―大蟻食いの生活と意見 欧州指南編』(以上、佐藤亜紀)
・『地獄のハイウェイ』(ロジャー・ゼラズニイ)
・『ケインとアベル』(ジェフリー・アーチャー)
・『大聖堂(上・中・下)』(ケン・フォレット)
・『前夜(上・下)』(リー・チャイルド)
・『やつらを高く吊せ』(馳星周)
・『清掃魔』(ポール・クリーヴ)
・『庵堂三兄弟の聖職』(真藤順丈)
・『フィーヴァードリーム (上・下)』(ジョージ・R・R・マーティン)
・『フリッカー式―鏡公彦にうってつけの殺人』(佐藤友哉)

ま、あくまで読めたらいいなという感じなので、気張らずに。

<ただいま読書中>
・『惨影』(マイケル・マーシャル)
・『THE ROAD』(Cormac McCarthy)
・『ベストアンドブライテスト(上) 栄光と興奮に憑かれて』(デイヴィッド・ハルバースタム)
[PR]
by worthy42 | 2009-09-06 20:23 | 一冊入魂(読書記録)

X Day の裏で

土日なく働き続け疲労困憊で迎えた夜、早々と食事と風呂を終え、
テレビの前でスタンバイし、ラジオ報道の頃の元同僚と電話で話しながら開票速報を待つ。

各社が一斉に「民主300議席越え」を報じると、友人は鳥肌が立ったと言う。
矢継ぎ早に画面に現れる「現職大臣・派閥領袖クラスの小選挙区落選」に興奮するも、
民主党のぽっと出新人大量当確のニュースに徐々に不安に駆られ始める。

「保守、保守とアピールしたが、有権者の望むことと乖離していたのでは?」というような質問に、
「自民党は結党以来、保守の砦で、保守こそ自民党の最たる特徴」というような麻生の返答に、
良くも悪くも古くからの自民党の政治家としての矜持が垣間見られた気がした。

個人的には、権力欲・金銭欲丸出しで、恫喝&ゴリ押し型の旧型政治家は必要だと思う。
海千山千の官僚や海外の手練政治家を相手するには、
民主党系の政治家では正直且つスマートすぎるような気がする。汚れ役はいつの時代も貴い。

この日を締めくくる、言い得て妙な言葉は、
選挙ステーション後の討論番組冒頭の田原総一郎のシンプルなセリフ。

「民主は勝ち過ぎ、自民は負け過ぎ」


翌日は、長く悩まされていた手強い仕事を片付けた後に不毛な宴会。
日付が変わろうかという帰りしな、コンビニを5軒ほど回って新聞を探したが、さすがにもう処分済み。
結局、手に入れたのは朝日と毎日だけ。読売と産経のどちらか一紙読まないとバランスが悪い。

a0096546_22163964.jpg
各紙特別選挙バージョン。「交代」よりは確かに「奪取」の方がいい。
[PR]
by worthy42 | 2009-09-01 23:03 | 情熱と怠惰の断片(日記的)