「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

久方ぶりの読了帳(06・13~07・26)

時間に追われていて読書記録を付けるどころか、
日々のメールの返信ですら覚束ない毎日だったので、
この1ヶ月、どんな本を読んだのか正確に思い出せない。

MOLESKINのBOOK JOURNAL(読書ノート)を購入さえすれば
ちゃんと記録を残すようになるのかどうか、我ながらちと怪しいところ。


先日、遠く離れて暮らす身内に「時間ができたからおススメの本を教えて」と言われ、
忙しさも省みず深夜まで「あーでもない、こーでもない」と悩みに悩みつつ、
自分の好きな本を人に薦めるということは、基本的に楽しい作業なのだということに気付く。

今回は「(後学のために)これを読んでほしいな」という些か「教育」めいたテーマにしたのだが、
それでも自分が読んで気に入った本を、読んだときに抱いた感想を思い出しながら、
あの人はどんなことを感じてくれるんだろうか、などと考えながら選ぶのはとても楽しい。

で、今回選んだ(貸す)のは次のとおり。

・『弥勒世(上・下)』(馳星周)
・『オーパ』(開高健)
・『ジャーナリズム崩壊』(上杉隆)
・『おわらぬ民族浄化』(木村元彦)
・『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』(佐藤優)


(もって行くのが手間なので)貸さないけど、おススメするのは次のとおり。

・『百年の孤独』(ガルシア・マルケス)
・『あなたに不利な証拠として』(ローラ・リン・ドラモンド)
・『Born to Run  走るために生まれた』(クリストファー・マクドゥーガル)
・『永遠の0 』(百田尚樹)
・『フラグメント 超進化生物の島』(ウォーレン・フェイ)
・『戦場の掟』(スティーヴ・ファイナル)
・『新世界より(上・下)』(貴志 祐介)
・『もの食う人々』(辺見庸)
・『聖の青春』、『将棋の子』(大崎善生)
・『深海のYrr(上・中・下)』(フランク・シェッツィング)
・『チャイルド44(上・下)』(トム・ロブ=スミス)


かつては書籍や新聞よりもマンガを愛読する人間だったので
いきなり翻訳本は積極的にはおススメしないが、
それでも気に入ったら読んでみると面白いよとは付け足すつもり。


<(覚えている範囲の)購入本>
・『日本人へ リーダー篇』(塩野七生)
・『性愛英語の基礎知識』(吉原真里)
・『語学力ゼロで8ヶ国語翻訳できるナゾ』(水野麻子)
・『差別と日本人』(辛淑玉、野中広務)

<(覚えている範囲の)読了本>
・『Born to Run, 走るために生まれた ~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”』
(クリストファー・マクドゥーガル)
評価:☆☆☆☆☆

この炎天下の下でさえ、たまらなく走りたくなった。
「ニューヨーク・タイムズで32週連続ランクイン中!」
「amazon.com ユーザー評価で297人が5つ星」、「読めば走りたくなると話題」
等々の宣伝文句に偽りなし。


・『鯨の王』(藤崎慎吾)
評価:☆☆☆☆☆

全長50-60メートルに達する海の王様、巨大鯨と人間との係わり合いを描いた一冊。
『深海のYrr』、『海の底』にも言えることだが、海底ってのはロマンに満ちていい。
地球の7割を占める海に暮らす壮大なスケールの未知の生物との邂逅---
これほど人間が畏怖するとともに憧れる世界はない。


・『戦国奇譚 首』(伊東潤)
評価:☆☆☆☆

戦国時代の武士の名誉ある勲章、『首』に纏わる連作集。
登場人物は普通の人々だが、『ジョーカーゲーム』、『ダブル・ジョーカー』の戦国版といった趣。
現代人にも通ずる苦悩や意地、誇り、嫉妬といった精神構造が
血で血を洗う戦国時代にもそこかしこに見られるのは可笑しくもあり、悲しくもあって、
5~600年では人の精神など大して変わらないのだということが妙に生々しく感じられる。

a0096546_1953421.jpg

Moleskine の Journal Book。
[PR]
by Worthy42 | 2010-07-26 22:15 | 一冊入魂(読書記録)

I Wouldn't Do It

レブロン・″キング″・ジェームズがクリーブランドを離れて、クリス・ボッシュととともに
ドウェイン・ウェイド率いるマイアミに加入することを公表して早数週間。

フランチャイズを捨てて同期3人のスターが口裏を合わせて終結した移籍劇に非難轟々のなか、
長らく沈黙を守ってきた神様、マイケル・ジョーダンが自身の見解を公表。
「私ならラリー(・バード)やマジック(・ジョンソン)に同じチームでプレーしようなんて言わないね」とのこと。
ただ、「悪いこととは言えないさ。そういう時代なんだしね」とのフォローも。

Michael Jordan のレブロンの移籍に関するコメント

この件に関しては色々と思うことがあるので、今週中にアップする予定です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
[PR]
by worthy42 | 2010-07-19 23:45 | バスキチ(NBA)