<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

4月の読了帳

早いものでもう4月も終わり。2011年も3分の一が終わったことになる。

今年はいろいろなことで「初めて尽くし」が多い一年となりそうで、
特にこの春から夏にかけては、いろんなイベントのオンパレード(←死語か)。

読書にかまけている時間どころか、書店をじっくり見て回る時間すらないのだが、
それでも惹かれる本にはできるだけ時間を割いていきたいと思う春日和。

<4月の購入本>
・『ジェノサイド』(高野和明)

<4月の読了帳>
・『ジェノサイド』(高野和明)
評価:☆☆☆☆☆(飛びぬけ)
a0096546_228246.jpg


父親を不慮の事故で亡くしたばかりの創薬化学を専攻する大学院生・研人は、
死んだ父親からのメールを見て、父親が行っていた研究の痕跡を辿っていく。

一方、イラクで警備要員として働く米国陸軍特殊部隊上がりのイエーガーは、
難病に冒された息子の治療費を稼ぐためにアフリカ・コンゴでの秘密任務に就く。

やがて2人は共通の「もの」のために交わっていく・・・


アマゾンのレビューで全員が5つ星評価であることからもわかるように、
間違いなく2011年のベスト本になりそうなエンターテイメント大傑作。

冒険譚あり、異人種間の交流譚あり、親が子を、子が親を思う親子譚あり、
そして、現生人類の在り方を問うロマンに満ちたSF的進化論の要素もある。

作中に登場する米国大統領と副大統領は、明らかにブッシュとチェイニーを模しており、
彼らの言動や登場人物の彼らに対する態度には作者自身の強い主張が伺え、個人的には共感できる。

特に、イラク戦争の見方(=核兵器の存在ではなく、石油関連の利権のために起こした)については、
日経の終面に掲載中の「私の履歴書」という半生を振り返る自伝がちょうどブッシュの回で、
毎回読むにつけ、「何とまあ薄汚い人間の屑なんだ、こいつは」という読後感に浸っているので、
まさにわが意を得たりという気になった。

それはさておき、人類の歩みにおける人間の位置づけを顧みる意味でもとても有意義なもので、
これはこの10年間に読んだ本のなかでも「至高の一冊だ」と胸を張っておススメできる作品だ。


・『WHEN THE GAME WAS OURS』(Larry Bird, Earvin Magic Johnson etc)
評価:☆☆☆☆☆

マイケル・ジョーダンが登場する以前の80年代のNBAの旗手として大活躍した、
ボストン・セルティックスのラリー・バードと、ロサンゼルス・レイカーズのマジック・ジョンソンの
2人の大スターの生い立ちと交流を丹念に織った優れたノンフィクション本。

「ライバル」という言葉はまさにこの2人のためだけにあるのだと思わせるような、
学生時代からプロへと続いた苛烈な競争関係は、残念ながら現在のNBAには見当たらない。

ジョーダンにすら「ライバル」といえる対等な選手はいなかったのだが、
この理想とも言える選手同士での敵対的なライバル関係が存在しないことが、
今のリーグの魅力が乏しいことの一因であることは間違いないだろう。

互いを倒すがために互いに身を磨り減らせ、しのぎにしのぎを削った間柄というのは
なんと純潔な眩いばかりの輝きを放つものかな、そう思わせる2人の関係が羨ましい。

薬物などの暗いイメージに囚われて暗黒時代といわれた70年代の影を
ものの見事に払拭した功労者にして最大のライバル2人の熱く激しい戦いの全記録。


・『反撃(上・下)』(リー・チャイルド)
評価:☆☆☆☆

ふとしたことで女FBI捜査官とともに誘拐された元米国陸軍の精鋭、ジャック・リーチャーは、
犯人たちの真の目的を探りながら抵抗を続け、やがて、その狙いを知り阻止すべく動く・・・


ストイックなヒーロー・元米国軍人ジャック・リーチャーが主人公のサスペンスアクション第2弾。
この女性に優しいハードボイルドなタフガイぶりは世界中の男の格好の見本といえるし、
いかなるときも決して失うことのない冷静沈着さと慎重さも男として学びたいところ。

アンソニー賞受賞の翻訳第一弾「キリング・フロア」、
英国バリー賞最優秀長編賞とネロ・ウルフ賞を受賞した翻訳第四弾「前夜」と同様に、
安定した筆致と水準以上の文章の上手さは、今回も決して期待を裏切らない。

次は翻訳第三弾「警鐘」を読もう。


・『猟犬』(深見真)
評価:☆☆☆☆

ぶっきらぼうで愛嬌はないが、タフで折れない心をもった女性刑事のハードボイルド連作中篇集。

警視庁捜査一課特殊犯捜査、通称SITの第四係に所属するレズビアンの女性刑事・呉内冴絵は、
風俗嬢連続殺人事件と2件の立てこもり事件の関連性に気付き、背後に見え隠れする陰謀に迫って・・・。


過去に事件の被害者となって指を失ったタフでクールな女性刑事などの登場人物の造詣はもちろん、
捜査に当たる事件の設定や背景、からくりが見事で、銃撃戦の描写もリアルそのもので、
ときにマインドゲームで犯人に迫る様子も臨場感があっていい。

次はより難解で凶悪な事件に対処する長編ものにどっぷりと漬かりたい。


<ただいま読書中>
・『ロスト・シティZ 探検史上、最大の謎を追え』(デイヴィッド・グラン)
[PR]
by Worthy42 | 2011-05-02 22:55 | 一冊入魂(読書記録)

Sweet Eight

<イースト/カンファレンス・セミファイナル>

①シカゴ・ブルズ-⑤アトランタ・ホークス

勢いはアトランタにあるが、地力はやはりシカゴ。
だが、怪我人の動向も影響してきそう。

シカゴはインサイドの得点源、C.ブーザーが故障中で、
アトランタもPGのK.ハインリッヒが怪我で、
後者はシリーズ中の出場が危ぶまれている。

アンストッパブルな今季MVP候補の大本命、D.ローズが縦横無尽にコートを走り回りそうだが、
オーランドという大きな山を越えたアトランタからは課題の淡白さが消えた感がする。

アトランタのゴール下(J.スミスとA.ホーフォード)はインディアナとは比べ物にならないほど強烈で、
アウトサイド(J.ジョンソンとJ.クロフォード)も好調を維持しているので、
アトランタの抵抗は苛烈を極めそう。

シカゴでのホーム2連戦のいずれかでアトランタが勝利を収めて
このシリーズは縺れに縺れると見る。

予想:シカゴの4勝3敗


②マイアミ・ヒート-③ボストン・セルティックス

シーズン成績はボストンの3勝1敗。しかもその1敗はシーズン最終盤のいわば調整期のもの。
ホームコートアドバンテージはマイアミにあるが、
ボストンのベテラン揃いの猛者にはそもそもホームコート云々はそこまで影響しないだろう。

ボストンはS.オニールの回復次第によっては磐石の備えを整えることができるが、
そうでない場合は控え選手のステップアップが欠かせない。
ニューヨークを屠った後の練習期間でどこまで詰めることができたか。

いずれにせよ、チームの完成度、そして、相性という点でも、まだボストンに分があり、
マイアミはまだボストンを越えることはできないと見る。

予想:ボストンの4勝2敗


<ウェスト/カンファレンス・ファイナル>
④オクラホマシティ・サンダー-⑧メンフィス・グリズリーズ

メンフィスの史上稀に見るアップセットがあったとはいえ、オクラホマの優位は揺ぎ無い。
気になるのが、サンダーの抱える二大スターの一人、R.ウェストブルックの独善的なプレイ。

このチームの主役はもちろんリーグ得点王のK.デュラントであるのだが、
勝負どころでこのポイントガードの我が強すぎるのがとても気になる。
最初から最後まで一人でボールを持ち続けては強引なシュートを打ってはずすというプレイが
デンバー戦で散々見られた。

ボールを捌くべきポイントガードがこういうプレイに終始しているようだと
メンフィスには大きなチャンスが巡ってくる。

一丸となって戦ったチームのムードは最高潮で、攻守ともにそつなく、控えも悪くない。
特に、今のZ.ランドルフはオクラホマのビッグマンでは止めようがないだろう。
これでエースのR.ゲイ(手術して今季は絶望)がいればと改めて残念に思うのだが、
今の面子でも十分に健闘するだろう。このシリーズも最初の2戦がシリーズの行方を占いそうだ。


予想:オクラホマの4勝3敗


②ロサンゼルス・レイカーズ-③ダラス・マーベリックス

ともにファーストラウンドを4勝2敗で勝ち上がった両チームの対戦。
いい加減にレイカーズという山を乗り越えたいマブスだが、果たして。

最初のアウェイでの2連戦のいずれかを制するようだと最終戦までもつれそうな気配だが、
そうでなければずるずるといつもの如く王者のプレッシャーに押し潰れそうだ。

下位チームが上位チームを倒す場合、最初の敵地で最低でも1勝は挙げなければならず、
「2連敗後に2連勝して、次の敵地での第5戦かその次の第7戦を制する」なんて展開は
滅多にあるものではないので、上位下位関係なく、プレイオフでは基本的に連敗スタートは厳しい。

今回のダラスには並々ない勝利への意欲を感じるのと、
レイカーズのシーズン中からの不甲斐なさを加味して、
今季こそはダラスが切望していた勝利を手中にするのではと見る。
ただし、第7戦まで縺れたらレイカーズを下すのは非常に困難だ。

予想:ダラスの4勝2敗

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
[PR]
by Worthy42 | 2011-05-01 13:16 | バスキチ(NBA)

It's not Your Time

プレイオフファーストラウンドが終了。
一番縺れそうな可能性のあったカードが早々と決着し、
一番縺れそうになかったカードでNBA史上に残る波乱が起こった。

<イースト>
①シカゴブルズ(4勝1敗)-⑧インディアナ・ペイサーズ(1勝4敗)

第4戦まで勝敗(1勝3敗)からは窺い知れないほどの善戦をしたインディアナだが、
アウェイでの第5戦ではさすがに持ちこたえることができずに大敗を喫し、
ペイサーズのプレイオフロードは終わりを迎えてしまった。

とはいえ、勝率5割にも満たないチームとしては、かなりの健闘をしたといえるだろう。


②マイアミ・ヒート(4勝1敗)⑦フィラデルフィア・76ers(1勝4敗)

フィラデルフィアもインディアナ同様、健闘したが力及ばなかった。

両チームにもいえることだが、プレイオフのような短期決戦ともなると、
勝てる試合(=終盤まで競った試合、リードをした試合)を落とすと、
その代償はとてつもなく大きい。


③ボストン・セルティックス(4勝0敗)⑥ニューヨーク・ニックス(0勝4敗)

ニューヨークはボストンでの敵地2連戦を接戦の末に落とした代償が
あとあとまで響いてしまった。

ホームでの2連戦は主力にけが人が続出したせいもあって惨敗。
最後の2試合はボストンにまったく歯が立たなかった。

ビルアップスを来季も引き止めるようで、来季こそ正念場だ。


④オーランド・マジック(2勝4敗)⑤アトランタ・ホークス(4勝2敗)

オーランドに苦杯を喫してきたアトランタがリベンジを達成。
敵地での初戦を制して以降は、ホームゲームをしっかりとものにし、
これぞアップセットのお手本というべき内容でオーランドの魔法を封じた。

逆に、敗れたオーランドは、文字通り孤軍奮闘した怪物君D.ハワードが
昨年のL.ジェームズよろしくチームを去るのではとの噂まで持ち上がっており、
今オフはヘッドコーチの交代もあわせて正念場となりそう。


<ウェスト>
①サンアントニオ・スパーズ(2勝4敗)⑧メンフィス・グリズリーズ(4勝2敗)

なんとまあ、これは滅多に見ることのできないビッグサプライズ。
2000年代最強のチームと歌われた面子がまだ残っているウェスト1位のチームが、
新フランチャイズに移転後未だプレイオフでは1勝(シリーズ勝利ではなく)も
挙げていないチームにがっぷり四つで組んで寄り切られた。

シーズン最終戦での怪我でエースのジノビリが初戦を欠場し、第2戦以降も本調子とは言えず、
いわば「怪我に負けた」感はあったが、それでもトップシードがアウェイで3戦全敗はいただけない。

今季はこれまでの「堅守」のチームカラーを一変。ベテランチームにもかかわらず、
バランスの取れた高い得点力を要に「攻撃」を打ち出したスタイルで度肝を抜き、
序盤から独走して、リーグ全体を牽引した。
だが、屋台骨のT.ダンカンの怪我もあって終盤に大失速。ウェスト一位の座は何とか確保したが、
リーグ首位の座はシカゴに奪われ、怪我人が復調しないままプレイオフに突入してしまった。

1勝3敗とがけっぷちに追い詰められた第5戦のホームでも終始リードを許し、
残り数秒でのジノビリとG.ニールの奇跡的な連続3ポイントがなければ、
そのままホームで終戦を迎えていた。

昨季の対フェニックスでの無様な敗戦といい、
ゼロ年代を席巻したサンアントニオの、そして、コーチ、G.ポポビッチの神通力は、
もはや消えつつあると言う認識を新たにしたシリーズだった。


②ロサンゼルス・レイカーズ(4勝2敗)⑦ニューオリンズ・ホーネッツ(2勝4敗)

前回、調子を取り戻したロサンゼルスの圧倒的な強さを見て、
ニューオリンズのアップセットの芽は摘まれてしまったと書いたが、
C.ポールを筆頭にホーネッツは粘り強い戦いぶりを展開し、
終始緊迫した試合だった第4戦を見事ものにする意地を見せた。

が、ここからレイカーズが本領を発揮し、第5、6戦を完勝。
ニューオリンズは長い夏休みに突入した。

惜しむらくは、怪我でスーツ姿だったポイントゲッターのD.ウェストがいれば、
また一味違った展開を見せていたかもしれない。


③ダラス・マーべリックス(2勝2敗)⑥ポートランド・トレイルブレイザーズ(2勝2敗)

ともにホームで連勝して迎えた運命の第5戦をものにしたダラスが
続くアウェイでの第6戦も制してポートランドに引導を渡した。

ポートランドは長らく欠場していたエースのB.ロイが第4戦で手術後ベストのパフォーマンスを見せ、
今季ロイの欠場中に完全に一皮向けたL.オードリッチもシーズンを通して安定した働きを見せた。
2月にチームに加わったG.ウォーレスも来季は今以上にフィットしてくると思われるので、
来季は落日のサンアントニオを抜いてトップ4を伺う勢いで、楽しみなシーズンとなりそう。


④オクラホマシティ・サンダー(4勝1敗)―⑤デンバー・ナゲッツ(1勝4敗)

今季カーメロとビルアップスを放出するという荒療治に打って出たデンバーは、
トレード後に大躍進して、二人の抜けた穴を感じさせなかった・・・プレイオフまでは。

オクラホマとのシリーズは全試合競った試合内容だったのだが、
肝心なところで攻守ともにオクラホマのスターに圧倒されてしまった。

戦力的にはバランスも取れていて悪くないチームだと思うが、
スター(カーメロ)や勝負強くてリーダーシップを取れる選手(ビルアップス)がいない。

荒くれ者の気分屋ばかりで、ここぞというときに安定した働きをしてくれる選手となると・・・
という解答を来季見つけ出せるのかがカギとなる。


にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
[PR]
by Worthy42 | 2011-05-01 12:34 | バスキチ(NBA)