兵どもが夢のあと

で、スペインでした。

ベスト4が決まるまでは乱戦模様だったけれど、
準決勝以降は、強いものが勝つ、でしたね。

ちなみに、スペインが今大会唯一無得点に終わった試合が、
準々決勝でのイタリア戦。

主将のカンナバロを欠いてなお、この守備力。
あとはトニさえ調子を取り戻せば、
スペインなんざ赤子の手をひねるように楽勝さ。
名将リッピ(2006年W杯優勝監督)も監督に復帰したしね。
いっそのこと、トッティとネスタも呼び戻しちゃおうよ?

・・・うん、空しすぎますな。
[PR]
by Worthy42 | 2008-07-01 00:35 | レパバーンの夜に(サッカー)
<< ファイナル・サイド・ストーリー(中) 今週の読了帳(06・09~06... >>