2008年上半期ベスト5(映画)

1.善き人のためのソナタ

2.再会の街で

3.Once ダブリンの街角で

4.アメリカン・ギャングスター

5.ツォツィ

混戦。迷いに迷った。

ただ、アクション、ミステリ、ホラーと好きだった分野は
『アメリカン・ギャングスター』のみ。
大分、嗜好が変わったなあとしみじみ。

DVDになっている『サルバドールの朝』と
現在公開中の『告発のとき』(『クラッシュ』と同じ監督らしい)、邦画『相棒』ほか、
まだまだ観ていない注目作品がたくさんあります。
[PR]
by Worthy42 | 2008-07-06 21:46 | 銀幕に溺れる(映画ノート)
<< 寝る子は見逃す 2008年上半期ベスト5(小説) >>